素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

稲田朋美、豊洲、点は線となり渦となるのか?

 


   
    稲田朋美防衛相が火だるまだ。
    「ソーリ!ソーリ!」でおなじみの辻元清美議員に「保守」を自認する稲田大臣が終戦記
   念日に全国戦没者追悼記念式典をすっぽかしアフリカ・ジブチにエスケープしたことを言
   動不一致と指摘され、しどろもどろになった挙句、涙ぐんだそうだ。
    稲田センセイが口先女であることは以前、記事にしたし別に興味もないことからスルーし
   ていました。
    元祖口先番長、前原某にも「沖縄、尖閣に自衛隊を配備すべし」という従前の大臣の発
   言を糺され、これまた宗旨替えした旨、指摘される始末。
    繰り返すがはっきり言って私にとってはどうでもいい御仁なので記事にするほどのことで
   はないと思っていたが・・・・・。
    政治資金に関して金額白紙領収書問題が持ち上がってきて気が変わった。


     稲田・菅氏事務所、白紙領収書に金額記入 自民、慣例か

     他の国会議員の政治資金パーティーに出席した際に白紙の領収書を受け取り、
     支払った会費などを自らの事務所で記入することが自民党国会議員の間で慣
     例化している疑いがあることがわかった。政治資金規正法は、金額を「記載した」
     領収書を受け取るよう義務付けているが、6日の参院予算委員会で指摘を受け
     た閣僚2人は「法律上の問題はない」と主張。専門家は「これは領収書とは呼べ
     ない」と指摘している。

                            ~ 朝日新聞 DIGITAL ~ 
 


  
    
    「ナルホド、これで点が線になった」と直感した。
    富山市議が領収書の改ざん等で次々と辞任することになったのか不可解でした。
    「これは何なのか?」とずっと疑問でしたがこれで霧が晴れた。
    富山市議辞任は稲田大臣、菅官房長官以下自民党議員へ政治資金問題追及するため
   の前座だったのです。同じような領収書問題で市議は辞任で代議士はお咎めなしは公平
   性に欠いているというものです。

    誰がいったか失念したが(確かエドワード・バーネイズだと思うが)、

    「あらゆるプロパガンダはニュースの形をとっている。
     あらゆるニュースはプロパガンダである。」

    これを思い出した。
    今回の場合、正確にはプロパガンダではなく「空気」づくりに過ぎないが。


    一方、豊洲問題は“ 犯人捜し ”が難航しているようだが、だいぶ絞れてきたようだ。
    第9回技術会議で却下されたはずの「地下空間」設置が「第9回議事録」の一部として
   9月16日に捏造され都庁HPにUPされたことが発覚した。 
    都庁職員が技術会議のせいして責任逃れしたかったため、豊洲問題が発覚してから
   後づけで慌てて偽装「第9回議事録」としてUPしたものだ。いくら記憶にないと言い逃れ
   てもさすがに1ヶ月前のことは逃げられまい。この捏造と指示した人、及びその周辺が
   豊洲問題の“ 犯人 ” であろう。
    そんな“ 犯人 探し ” は私にとって2の次であって、豊洲問題の核心は石原慎太郎を
   はじめ歴代都知事に責任問えるかどうかだ。
    さらに豊洲入札を巡るゼネコンの談合疑惑に司直のメスが入るか否か、これが問題だ。
    ゼネコンの談合疑惑に端を発して五輪建設費を巡る森 喜朗・東京五輪組織委員会会
   長の闇に隠された職務権限の乱用に光が当たるかどうか問題だ。
    これらも「点と線」であります。

    でも、これらをまとめたもっと大きな「点と線」が存在するのです。
    これについてはあまり勇足のことは書くまいと控えていたが、もうあんまり時間がないの
   です。
    安倍首相は1月総選挙、いや12月総選挙を画策していると囁かれる。
    12月にプーチン・ロシア大統領を地元・山口に招待して「北方領土(2島)返還」に道筋を
   つけ支持率大幅上昇で解散に打って出て、蓮舫民進党を壊滅に追い込み、小池新党の
   芽を摘み、改憲3分2をさらに充実させ、いよいよ憲法改正に踏み出そうという魂胆だ。 
    安倍首相がTPP批准に前のめりなのは、プーチンと交渉することをオバマに容認させる
   ためTPPを米国にさきがけて批准し、オバマに花を持たせるためのバーターだと言われ
   る。
    何が何でも「北方領土返還」に道筋つけたい安倍首相は、TPP批准のためにはまたぞ
   ろ「強行採決」でも何でもありなのだろう。そんな首相の胸の内を察して(表面的には西川
   某のためといっているが)自民党議員が暴言吐き、即効で役職辞任に追い込まれた。

    トランプは反対、ヒラリー(らしき人物)も当面は反対のTPPを「北方領土返還」で歴史に
   名を残したいという首相の功名心のためやすやすと「強行採決」していいのか!
    「TPPについては飽きるほど記事にした」と言うのも1度や2度ではないことからもう繰り
   返さないが、こんな売国政権をいつまでも政権の座に座らせて置くわけにはいかない。

    今一度言うが、もうあまり時間がないのだ。

    「点と線」が安倍政権打倒という渦になるためには、政治資金の問題もさることながら、
   豊洲問題、東京五輪問題の闇に絡んで東京地検特捜部が動くしかないのだ。
    そのためには豊洲問題で東京都議会が百条委員会を開けるか否かが重要だ。
    つまり東京都議会にかかっている。

    東京都議会のみなんさん、目の前の課題で頭がいっぱいでしょうが、「風が吹けば桶屋
   が儲かる」的に見えずらいですが、大袈裟に言えばあなた方に日本の未来がかかってい
   るのです。

    賢明な判断をして下さい。



    PS.稲田某をはじめとする自民党の白紙領収書問題は富山市議より先に「FRIDAY」
        や「FLASH」で取り上げていたようだ。TVがちっとも取り上げないことから富山市
        議のことが俎上にあがり焚きつけられたのだろう。

        あまりたいした影響はないようでも直近のNHKの内閣支持率は7%下落した。
        内田某あたりが東京地検特捜部に逮捕されれば10%程度、さらに自民党議員
        が逮捕されれば10数%くらい支持率は下がるだろう。

        果たしてどうなるだろうか?    
   







スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<都内大停電!これが偶然なら凄い偶然だ!! | ホーム | ヒラリー!アサンジ暗殺計画!?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |