素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

11月解散12月総選挙?(すべてはトランプ次第!?)

    



    安倍政権は今月28日までにTPP衆議院通過、米国大統領選11月8日までのTPP批
   准を目指す構えだ。
    もちろん、ダッチロールのオバマに花をもたせ、これとバーターでプーチンとの北方領土
   返還交渉を黙認してもらうためだ。北方領土(2島?)返還で外交成果を掲げ1月(12月)
   解散に打って出て3分の2勢力に箔をつけ憲法改正に流れ込もうという魂胆だ。
    どうもそれよりスケジュールは早いようだ。
    どうやら12月解散1月総選挙ではなく11月解散12月選挙らしい。
    MXTVで苫米地英人氏が暴露している。
    なぜ急ぐのかその理由も詳述している。




    この動きを読んでいるからこそベンさんは「ホワイトドラゴンTV」で11月安倍逮捕をぶち
   上げている。12月総選挙で安倍自民が大勝したら安倍ジョンウン体制完成。
    野党も消滅でout。

    私ももうブログ出来ないかもしれない。
    ネット規制強化を安倍ちゃんはもう指示しているからね。
    いよいよ現実となってしまうのだ。

    冷静に考えてヒラリーが勝利したら、ベンさん曰くの「革命」は無理だと思う。
    戦略、証拠が揃っていても実際やるかどうかは根性、胆力の問題だ。
    ヒラリーが勝利したら結局、反革命勢力が革命勢力をねじ伏せたことになり日本の当局
   は逆に委縮するだろうよ。
    トランプが勝利すれば、ベンさん曰くのようになる。
    何たってアメリカはヒラリー以下、軒並み逮捕なのだから。


    すべてはトランプにかかっている。
    と昨日までは思っていたのだが、内田某が逮捕されれば事態は変わってくる。
    ここから芋づる式に大疑獄に発展すれば、内閣支持率はガタガタ落ちる。
    外交交渉で相手国が国内まとめきっていない時(支持率急落時など)、大きな外交決断
   はしないものだ。
    つまり、プーチンは安倍内閣の支持率急落なら北方領土返還しないと考える。
    北方領土返還の道筋がつかなかったら安倍首相は解散に打って出るわけにはいかな
   いのだ。

    プーチン来日の12月までまだ時間はある。
    トランプが勝とうが負けようがまだ、どう展開するかわからない。






スポンサーサイト

政治 | コメント:1 |
<<アメリカ大統領選が不正選挙なら・・・・・内戦!? | ホーム | 小林よしのり 「 シン・ゴジラ批判 」 に反論す。 後編>>

コメント

12月解散1月総選挙は1949年と1967年に行われた前例があるが、
1994年に政党交付金制度が導入されてからは共産党以外全ての党が反対しているため無理です。

戦後7度目の11月解散12月総選挙
(2016年の場合は遅くても12月25日までに投票日となる。
夏に参院選が行われた年の年内衆院選は1983年以来33年ぶり)
か、
1990年以来27年ぶりとなる1月解散2月総選挙
(2017年の場合、解散日は早くても1月5日、投票日は早くても岐阜県知事選や北九州市議選と同じ1月29日)
のいずれかになります。
2016-10-29 Sat 07:58 | URL | 山田 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |