素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

さよなら千葉パルコ

    



     今月30日で千葉パルコが閉店になります。
     閉店になることは多くの人が知っているだろうし、私もこの件にふれないわけにはいか
    ないと思いつつ書きそびれていた。
     売上のピークは92年で約230億円にのぼったが、15年の売り上げは約47億円と4
    分の1まで落ち込んだ。県内で郊外型大型商業施設の出店が相次ぎその影響で顧客
    減少に歯止めがかからなかったと説明されるが、本年8月閉店した渋谷パルコに象徴さ
    れるようにそもそも業態そのものが少なくても千葉にはミスマッチとなってしまったのだと
    思う。  

    千葉パルコ 全景1

    千葉パルコ 銀座口 千葉パルコ 川

    高校時代、仲間とけっこう、パルコには行った。
    当時、渋谷パルコ自体が近年のパルコとは全然、別物であり、キラキラ輝いていた。
    「あのパルコが千葉にも出来たか」という感慨がありました。
    千葉パルコは76年開業だと言うが、全国のパルコの中でも早い方ではないかと思い
   調べてみました。

      
      1969年11月 「池袋PARCO」開店

      1973年6月  「渋谷PARCO」開店 「PARCO劇場(旧 西武劇場)」を開設

      1975年8月  「札幌PARCO」開店

      1976年12月 「千葉PARCO」開店

                            ~ パルコ 企業情報 沿革 より ~


     全国で4番目、東京以外では札幌に次いで2番目の出店となります。
     「なぜ?」と思われる人もおられるだろうが、当時、千葉市は消費額で横浜市を凌い
    でいたのです。(過去記事で書いたと記憶していたが、このブログではなかったか・・・)
     今とは違い外房、内房に目立った商業施設も少なく、これら地域からも顧客を千葉市
    に吸引していたからだろう。
     それ故、千葉市にパルコを出店しようということになるでしょう。
     そんな時代、高校生にはパルコはやはりキラキラ輝いていました。

    千葉パルコ パルバス
      まだ、あったんだね、「パルバス」

    いろんな世代にとって「我が青春のパルコ」があるのだろう。
    近年なら「パルコ」といえば「タワレコ」や「ビレッジバンガード」かもしれない。
    私らは、「パルコ」といえば大食い大会、ピザ、そば、稲荷ずし、アイスクリーム等々。
    ラグビー部とサッカー部で合同でよく行った。30分とか1時間とか規定時間に完食する
   とただ、失敗すると食べた分だけ金払うというシステムだ。当時、最も食べ盛りであった
   はずなのに成功した奴は1人か2人だったように記憶する。
    何かの記念日、または賭けで勝った負けたでロシア料理「バイカル」でボルシチを食した
   こともありましてね~。
    服飾は我々、高校生には手が出ないと言う感じでありました。
    これまた今やマンションになってしまった「セントラルプラザ」で服は買っていた。


    千葉パルコ セール1

    千葉パルコ セール2 千葉パルコ セール3

 
     千葉パルコのみならず千葉三越も来年3月で閉店。
     さらに船橋東武も近々、閉店すると聞く。船橋といったら西武より東武の方が売上い
    いはずなんだが・・・。総武線沿線はそごう・西武グループの一人勝ちということになる
    ね。パルコと三越が閉店する千葉市はどうなっちまうのかね~。
     元々さびれている商業地はますますさびれるでしょう。
     千葉パルコ跡地はどうなるのか、詳細はまだ決まっていない。
     ここがどうなるか見定めるまでは我々、不動産屋は千葉市街地には手を出さない方が
    いいということになっている。
     私は、ビジネスホテルに毛が生えたくらいのホテルでいいんじゃないかと思っている
    が、実際、その方向で動いている会社もあるようだ。


    千葉パルコ 8F
                      8 階 飲 食 店 街

    千葉パルコ タワレコ 改造社
            タワーレコード                改造社書店

    千葉パルコ 改造社
       近年、パルコへ行くとすればここ改造社書店だけ。
       音楽、映画、精神世界、歴史、軍事と独特の品ぞろえだった。
       はっきり言って総武線沿線ではここが一番好きな本屋です。
       ここが無くなってしまうのはホント、残念だ。


    改造社書店以外では、こういう催しがるとタマにくることもあったかな。
    サウンド 全景

    千葉パルコ サウンド 千葉パルコ カセット
                                昨今、若い衆に人気のカセット 
                                彼らにカセットデッキはどう映るの
                                かしらん。


     千葉パルコ、オープン当初を知るものとしては近年はもう別物で様変わりしてしまって
    久しい。それでも、何のかんのいって「我が青春の千葉パルコ」であるからして、全く無
    くなってしまうのはやはり寂しいものだ。

     ありがとう、千葉パルコ。

     さよなら、千葉パルコ。





  〔関連記事〕

   ダメな千葉市ほど可愛い!? 前編

   ダメな千葉市ほど可愛い!? 中編

   ダメな千葉市ほど可愛い!? 後編








スポンサーサイト

都市 | コメント:0 |
<<ニュースのブラインドサイド ~ 2020東京五輪の巻 ~ | ホーム | UCLA映画テレビアーカイブ 後編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |