素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

ニュースのブラインドサイド ~ 2020東京五輪の巻 ~

     



     2020東京五輪の3会場について小池東京都知事ら4者会談が行われ、一応の決着
    となった。ボート・カヌー会場は当初の予定どおり海の森、水泳は同様にアクアティック
    センターで落ち着き、合計約310億円超の建築費削減ということになる。
     バレー会場は有明アリーナか横浜アリーナかとりあえずペンディングでクリスマス頃ま
    でに結論を出すということだ。
     この会談について様々な解説がなされる。
     IOCから会談は全面公開にして欲しいとの要請があったのだが、一部、非公開となる
    ことから先手を打って小池知事が冒頭から結論を述べた。

     もっと深掘りすれば、いやいや「小池劇場」の満員札止めはもう終わり空席が目立ち始
    めたと分析される。すなわち、豊洲問題も五輪問題も想定より進捗していない。
     これは私の推測に過ぎないが、一番の誤算は今頃、東京地検特捜部にドン内田くらい
    は挙げられているはずじゃなかったのか?
     「ヤメ検の若狭さん、どうなってるの?そのためにあなたを参謀にしたんじゃないの!」
    と彼女が言ったかどうかは知らないが。 

     小池劇場、第一幕「快刀乱麻」はもうお終いで、今や想定外の第2幕「お池にはまって
    さあ~大変」になっちまったんじゃないのか。
     さらに東京都知事選の時に自民党を造反した都議、小池氏曰くの“ 7人の侍 ” の処遇
    を巡って、これまた「お池にはまってさあ~大変」だ。
     下村自民党都連会長は“ 7人の侍 ”に対して宥和策を講じる見込みだからだ。
     「もっと “ 7人の侍 ” をいじめて頂戴!そうしないと小池劇場が盛り上がらないじゃない
    の!下村センセイを小池改革を阻む抵抗勢力に出来なじゃないの!」と言ったかどうか
    も定かではない(笑い)。でも、おそらく彼女はそう思っているだろう。
     そんな「お池にはまってさあ~大変」を突破すべく、本当は第4幕か第5幕あたりの予
    定の「小池新党誕生」を生煮えの状態にもかかわらず年内にも幕開けさせなければな
    らなくなってしまいましたわよ、オホホホホホ。

     さ~て、これらは新聞、TV、ネット等から誰でも考察できることだが、「ニュースのブライ
    ンドサイド」はここじゃない。
     2020年、東京五輪はお金がかかり過ぎると言われる。
     それ故に小池改革は必要だ、会場の見直し、建築費の削減、伏魔殿東京都庁に光を
    当てる、レガシーとワイズスペンディングのバランス、こう言った具合に「小池劇場」はシ
    ナリオ構成されている。
     ところで、2020東京五輪は「1兆、2兆とお豆腐じゃないんです」と小池氏が知事選で
    叫んだが、その予算は総額いくらに膨れあがったのだろう。

      2020年東京五輪・パラリンピックの予算などを検証している東京都の調査チーム
      は29日、「今のままでは開催総費用が3兆円を超える可能性がある」とする第1次
      調査報告書をまとめ、都政改革本部の第2回会合で小池百合子知事に提出した。

              (中略)

     
      三兆円超の内訳について競技施設の建設などハード面が七千六百億円余と指摘。
      都が整備する恒久施設七施設などに二千二百四十一億円、新国立競技場に千六百
      四十五億円、民間資本で造る選手村に立候補段階の試算で九百五十四億円、大会
      組織委員会が担うとされていた仮設施設の設置などに二千八百億円とした。

      こうしたハード面よりも、運営費やセキュリティー費、選手らの輸送費などソフト面の
      方が費用はかかる見通しが示された。総費用が二兆円だった一二年ロンドン大会
      を基に、夏の暑さや競技会場の分散など東京大会の事情を加味し、最大一兆六千
      億円とした。

                                      ~ 東京新聞 ~

 

     総額約3兆円のうち約半分の1兆6千億円はどこへ支払われるのだろうか?
     警備会社?電通?何でそんなに金がかかるのさ!
     会場建設費で200~300億円削減したって1桁以上違うじゃないか。
     1兆6千億円のうち10%削減しただけで1,600億円だ。
     
     話は変わるが、私の友人は「俺ももう年だし、そろそろ国のためにひとつ仕事したい
    んだ。例えば、東京五輪のボランティアとかでさ。」なんて語った。
     へぇ~、そうなんだ、彼は金にしか興味ないと思ってたことから意外だった。
     ガイド等のボランティアもカウントしての1兆6千億円だろうが、私の友人のような
    人は “ 想定外 ” に存在するのではないか?
     こういう人を活用すれば経費削減できないか。

     先日の電通への家宅捜査は表面上は厚労省の職員ということになっているが、東
    京地検特捜部の人間も紛れていると聞く。
     この際、押収した資料から2020五輪で電通がいくら持っていくかについても調べて
    もらいたいものだ。 
     警備会社、電通etcで1兆6千億円はいくら何でもかかり過ぎだ。
     その気になれば数千億円規模で経費削減できると思う。
     このあたり、マスゴミも政治家も電通には逆らえないことからふれない。

     もっともこの件が国民に広がると、「小池劇場」は屋台崩しとなり、雲散霧消してしま
    うだろうが。



    PS.4者会談の結果、東京五輪総経費は2兆円を切ると記者発表された。
       あっさり1兆円も減額とはどういう見積もりだったんだ。
       東京都がロンドン五輪を参考に勝手に3兆円と算定しただけだったのか。
       海外はこういうところホントぼったくるから参考にしなくてもいいのだ。
       2兆円でも高く、もっと削減せよとIOCのコーツ会長は言っているらしい。
       ソフト面で最低でも1,000億円削ってもらいたいものだ。

       Call&Response、噂をすれば何とやら。
       「報道ステーション」に小池知事が出演していた。
       ソフト面でもっと削減する意向のようだ。
       知事は「ボランティアの活用」とか言っていた。
       そこでこういうのはどうだ。
       「小池塾」の選抜メンバー100人に1人あたり100人のボランティアを集め
       させる。これだけで10,000人のボランティアだ。当初、「小池塾」に参集し
       た4,000人のうち、選抜100人を除いた3,900人に本人を含め5人のボ
       ランティアを集めてもらう。これで、19,500人だ。合計30,000人弱のボ
       ランティアが集まる。  
       どうですか、小池知事。







スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<またも強行採決か?カジノ法案(トランプで始まりトランプで終わる) | ホーム | さよなら千葉パルコ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |