素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

またも強行採決か?カジノ法案(トランプで始まりトランプで終わる)

    



    安倍政権が統合型リゾート関連法案、いわゆるカジノ法案に前のめりで2日、衆議院内
   閣委員会で採決され、6日にも衆議院で可決される見込みだ。
    世論調査でも反対の声が根強く、民進、共産の反対のみならず公明党まで慎重な姿勢
   を崩さず党議拘束はかけず自主投票となっているが、政府自民としては、またぞろ「強行
   採決でイテまえ!」ということだろか(笑い)。
    なぜかくも拙速に採決を急ぐのだろうか?
    曰く、トランプの大スポンサーがカジノ経営者で日本に1兆円の投資の用意があるとか
   で安倍政権はトランプ大統領誕生前にご機嫌とりをするためとか、カジノ有力候補地大阪
   で松井知事が大阪万博とセットで実現を熱望しているとか。
    ギャンブル依存症等弊害が懸念されるが、それは自己責任ということで、そもそもカジノ
   を核としたIRなるものが成長戦略と言えるのだろうか?
   
    世界的にカジノはもう、やや時代遅れかつ競争激化で今やカジノが取りざたされた頃に
   比べればうま味は少ないと言われる。
    さらにカジノは反社会勢力のマネロンの温床となると懸念するむきもある。
    そのあたりは苫米地英人氏が詳しい。

    

    これら懸念事項をすべてクリアしたとしても海外から金持ちを呼べないと意味がない。
    国内だけで博打やってもマネーが移動するだけでゼロサムゲームで成長にはならな
   いことは明白だ。日本政府は呑気に海外からお客を呼び込めると騒いでいるが、どう
   も胴元はそんなことは考えていないようだ。彼ら胴元はお客が誰であろうと儲かれば
   いいのです。

     世界のカジノ運営は米国のMGMやサンズ、ウィン、中国・香港系の銀河娯楽
     集団などの寡占状態で、そのいずれかに任せるしかないのが現状だ。

                (中略)

     ラスベガス・サンズは、日本でカジノが解禁されれば 『 1,000億ドル程度の
     投資をしたい 』 と言っていました。それだけの見返りがあるからです。政府は
     カジノ解禁の名目に、外国人の観光振興なとインバウンドを掲げていますが、
     実態は違う。カジノの国際会議では、日本の個人資産をグラフにして、日本人
     はカジノで落とす単価が高く収益が見込めるからと言って投資を呼びかけてい
     ます。外国人観光客ではなく、日本人を狙っているのです。対策を講じないと
     虎の子の個人資産が外資に吸い上げられるだけです。」
     
                           ~ 日刊ゲンダイ 12月3日 ~



    国内のゼロサムゲームよりもっと酷い。
    チュチュー資産が外資に吸われちゃうのだから。
    それでもやりたければやればいい。
    ただし、以前の述べたように幕張メッセでカジノは断固反対だ。
    彼らは儲けるだけ儲けたら逃げ足速いよ。
    その後はどうなるのさ。
     (過去記事「幕張メッセにカジノ!?ヤメテケレ~!!」参照)
    千葉でカジノのやるなら成田空港か浦安以外にないと考えている。

    超党派のカジノ議連があるように安倍ちゃん応援団のような読売、産経もさぞかし
   カジノGO!GO!かと思いきやさにあらず。

    カジノ読売 カジノ産経
         読売新聞12月2日            産経新聞12月2日
     読売は「人の不幸を踏み台にするのか」、産経は「懸念解消を先送りするな」
     とそれぞれカジノ法案に待ったをかけている。

 
   
    さてはてこれはどうしたことだ。内閣支持率が高止まりでこれくらいの批判はよしとした
   のか、それとも安倍内閣の終わりを見越したか、どういう風の吹きまわしだ。
    まさかマスゴミが改心したわけでもあるまい。
    アメリカではNYタイムズが大統領選大外れに関して謝罪文を掲載した。
    一方、トランプ勝利に貢献したネットの威力におののいたか、フェイスブックが「陰謀論」
   規制に乗り出すとか。罰則も設けるようだ。この「陰謀論」には「9.11の真相」も入って
   いる。これは見ものだ。トランプが大統領に就任し、公言どおり「9.11真相追究」を始め
   たらどうするのかね。ツイッター好きのトランプ大統領に罰則規定適用するのだろうか?
    墓穴を掘ったね、マーク・ザッカ―バーグ、D・ロックフェラーの孫。
    それとも彼はトランプが実際は「9.11真相追究」しないとの言質をとりつけたのだろ
   うか?
    トランプは腰砕けとなるか公言実行となるか。
    フェイスブックは規制はトランプ次第ということだ。

    トランプにはじまりトランプに終わるお話でした。
   







スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<そろそろ日本人がトランプを介して教えてあげる時じゃないのか、「真珠湾の真実」を。 | ホーム | ニュースのブラインドサイド ~ 2020東京五輪の巻 ~>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |