素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

第1幕はEU金融危機か!?

    



    年末いかがお過ごしですか?
    私はどうも「ぽやっ」としています。
    どうやら、12月か1月に新アメリカドルが発行されるようです。
    http://golden-tamatama.com/blog-entry-2592.html

    またかいな、「AMERO」の時だって・・・・。
    と私はやり過ごしていました。
    ところが、そうは言っていられない
    事態が迫りつつあるようです。

    イタリア3位の銀行が経営不安 政局混乱、増資が不透明    
    http://www.asahi.com/articles/ASJD63JDMJD6UHBI00L.html
   
    このモンテ・パスキ銀行とは友人宛てに送った長文メールでリストアップした危ない銀行
   ワースト10のワースト1位の銀行です。
    本年1月20日、すでに取り付け騒ぎを起こしています。
    もうそろそろあれから1年です。
    一応、危ない銀行ワースト10を上げておきましょう。

      1  モンテ・ディ・パスキ・ディ・シエナ(イタリア)

      2  アライド・アイリッシュ銀行(アイルランド)

      3  ラファイゼン・バンク・インターナショナル(オーストリア)

      4  アイルランド銀行(アイルランド)

      5  ポプラール銀行(スペイン)

      6  ウニクレディト(イタリア)

      7  バークレイズ(イギリス)

      8  コメルツ銀行(ドイツ)

      9  ソシエテ・ジェネラル(フランス)

     10  ドイツ銀行(ドイツ)


    こんなニュースがあっても年末の慌ただしさに紛れ、トランプ相場でうかれ、忘年会でア
   ッパパーになり、「ま、大丈夫でしょ」とみんさん年を越すでしょう。

    ずばり言います、EU金融危機は来年1月、トランプ就任前だと思います。
    すなわち、1月20日前、案外、阪神大震災と同じ日、1月17日ではないでしょうか?

    大変だ、と思ったらトランプ就任でまたぞろドカーンと爆上げ!
    とはいえ全部は戻らず4割5割くらいかもしれませんが。
    その後、1~2ヶ月で全部回復、暴落前より上がる。
    「やっぱトランプ凄い!」とパチパチ拍手~!
    そういうシナリオじゃないかと思うのです。
    2月かもしれませんが、そうするとトランプ就任で上げて、すぐ暴落じゃカッコつかない。
    トランプをスターにするには就任前に暴落。そうすればこのままほかっていたら大変だ。
    財政出動だという大義名分が出来ます。

    なんて友人宛てにメール送った後、この新ドル札発行を思い出しました。
    なんで「トランプ大統領就任と同時に新ドル札発行」ではなく「12月か1月」なのでしょう。
    このEUの金融危機と連動するからです。
    本格的には1月だと思いますが、12月という目もあるということです。
    世間的には唐突でしょうが、今までの経緯をずっと追ってきたものからすれば、「新ドル
   発行」という段階まで機は熟しすぎるほど熟しています。

    FRBだって1913年のクリスマス休暇のどさくさに紛れて法案が可決されて誕生した
   のです。今度だってクリスマスのどさくさに新ドル札発行という目もないわけではないで
   しょう。まあ~、新ドル札の方はともかくEU金融危機は迫っているのではないでしょうか?

    「100年に1度の世界の大転換 劇場」の第1幕はヒラリー逮捕のはずでした。
    どうもヒラリー逮捕は先送りか無いようです。
    第2幕のはずだった「EU金融危機」が第1幕となるのではないかと思います。





スポンサーサイト

経済 | コメント:0 |
<<A I 時代の教育 | ホーム | そろそろ日本人がトランプを介して教えてあげる時じゃないのか、「真珠湾の真実」を。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |