素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

森友学園取得国有地の下に埋められた地雷

    
    



    森友学園が取得した国有地及び同学園が運営する塚本幼稚園に関して次々と驚愕の
   実態、隠された事実が明らかになってきた。
    この記事をアップしようとしている間にも新事実が表に出てくるだろう。
    それらを逐一追わないが、価格について一番不可解なのはゴミ除却・処分費用を大阪
   航空局が自ら算出したことだ。地下9.9mまでゴミがあるとされているが、試掘してこれ
   を確認したわけではないことを財務省・国交省も認めた。
    地下3mまでと同様の密度でゴミが9.9mまで埋まっているとした「想定」に基づいて
   算定されたとか。例えば5~9.9mは半分以下の密度という可能性もある。
    要するにゴミ除却・処分費用をMAXでざっくりと算定したのだ。

    ゴミの量が妥当だとしても、ゴミ処理業者の入札で価格を決めたわけでなく国が決めて
   しまった。入札することもなくとにかく何だ知らないが大阪航空局が大慌てで算定したゴミ
   除却・処分費用8億1900万円を近畿財務局はそんまま妥当と採用した。
    四角四面で融通の利かない役所らしからぬ対応だ。
    なぜ、近畿財務局(大阪航空局)はかくも拙速にゴミ除却・処分費用を算定したのか?
    森友学園が小学校開校を急いでいるからいつものお役所ペースでは間に合わないから
   だとさ。たいした森友学園様だ~!
    不思議ですね~。

    私も仕事柄、役所とはどんなものか少しは知っているが、もっとよく知る人物、すなわち
   元官僚の古賀茂明氏がコメントしている。
   
     【森友学園への国有地売却問題】 元経産省官僚 古賀茂明「近畿財務局が
     おかしなことをしたみたいに思ってる人が多いかもしれないけど、官僚は普通
     こいうことはしない。政治的な判断として、これは造らざるをえないという前提
     があったとしか思えない」

                        ~ やがて空は晴れる・・・。 ~ 
 
                     

        古賀 TV


     安倍ちゃん応援団のはずの辛坊某も言ってますね、
     「国会議員クラスが動かないとこんなことは起こらない」と。
     これまた安倍ちゃんシンパの日本維新の会、松井大阪府知事も2012年に緩和
    した私立小学校設置基準を巡り古賀氏や上西議員らを巻き込んでバトル。
     ここへきて松井知事は「森友学園」不認可の可能性についても言及し始めた。
     橋下 徹氏も森友学園への国有地払い下げに疑義を呈した。
     特に随意契約はけしからんということでした。
     どういう風の吹きまわしでしょうか?
     自分に火の粉が飛んでこないようにしようということか。
     それとも泥舟から逃げ出そうということか。
     今夜の「橋下 × 羽鳥の番組」で取り上げるか否かが注目だ。

     この件、身の回りの人と話してもそんな大ごとに捉えていない人がいる。
     「結局、安倍ちゃんは逃げ切れるのでしょ」というスタンスだ。
     そうだろうか?国内でピーチク、パーチクやっているうちはそうかもしれないが、英国
    紙ガーディアン、ニューヨーク・タイムズ等、海外メディアも大いに注目しています。
     それがどうした?という人は現在の日本の政治を取り巻く海外事情がわかっていな
    いということです。

      ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士(戦略国際問題研究所=CSIS顧問、
      ニクソン政権国務長官)が「いま一番危険な男は、安倍晋三首相だ。極右のカル
      ト集団である『日本会議』を支持母体にしていて、戦前の日本に戻そうとしている
      からだ。この世界で最も危険な国は日本であり、世界の火薬庫となる。
      安倍晋三政権は、一日も早く潰さなくてはならない」と着々と裏工作を進めている
      という。CSISと関係が深い日本と米国のマスメディアは、「学校法人森友学園」
      問題を報道、安倍晋三首相を批判、攻撃を始めている。


                 ~ 板垣英憲「マスコミに出ない政治経済の裏話」 ~


     彼らが「やる」といえば必ずやるのです。
     ロッキード事件で田中角栄を失脚させたように。
     ベンさんもスキャンダルはこれだけではなく、安倍政権崩壊まで攻撃は続くだろうと
    述べています。 
     さらに「驕れる平家も久しからず」―― 天皇陛下の「お言葉」によって平家追討の
    院宣が下された、と述べたのは昨年8月でした。
                     (天皇陛下の「お言葉」の余波はどこまで・・・?
     機は十分に熟しているのです。
     森友学園が取得した国有地の下にはゴミではなく、とんでもない地雷が埋まっていた
    のです。地雷は政治家だけの問題ではありません。
     小林よしのり氏は「国会で安倍昭恵氏を証人喚問すべし」と言いだし、さらにこう断じ
    ている。

       森友学園の国有地・激安売却スキャンダルは、自称保守の大崩壊のスタート
       である。

       「保守」とは何かを議論せぬままに、産経新聞や言論誌や雑誌やネットなどで、
       自称保守市場を拡大させてきたツケが、とうとうここまでの堕落に繋がったのだ。

       「アナクロ全体主義」こそが自称保守の行きつく先だった。

                        ~ よしりんの「あのな教えたろか」 ~


     全く同感であります。
     人様の記事読んで快哉を叫ぶことはめったにないが、今回がこれにあたる。
     
     この国有地の地下に埋められた地雷は自称保守をも破壊し崩壊させる。

     日本の夜明けはこれらが済んでからだと思う。







            

スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<安倍政権崩壊カウントダウン始まる!? | ホーム | ドス黒い欲望の埋まった土地に建てられた小学校>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |