素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

北朝鮮ミサイル発射失敗!でも、これは米国の実験ではないかな?

   



    米国の北朝鮮先制攻撃、反射としての北朝鮮の国内米軍基地ミサイル攻撃の可能性
   は様々な波紋を広げつつやや沈静化したが、「地政学リスク」として今後も株価下落基調
   はしばらく続くようだ。25日の北朝鮮建国記念日に北が核実験をするのでは?その直後、
   新月の日に米軍による先制攻撃がある?いやや、「地政学リスク」は治まっても、29日に
   米国の債務上限に達して今度は議会とも折り合いがつかず、米国政府機関閉鎖となる
   リスクがさらに株式市場をの下押し圧力となるだろう。
 
    米国の北朝鮮先制攻撃レッドラインはどこか、またミサイル発射した時か、はたまた核
   実験した時かと喧伝されている矢先、またぞろ北朝鮮はミサイル発射して失敗した。

      北朝鮮が16日朝、東部から弾道ミサイル1発を発射しましたが、直後に爆発し、
      失敗したと見られ、アメリカ軍と韓国軍が情報の収集と分析を急いでいます。

      アメリカ太平洋軍と韓国軍の合同参謀本部によりますと、日本時間の16日午前
      6時21分、北朝鮮が東部のハムギョン(咸鏡)南道シンポ(新浦)付近から弾道
      ミサイル1発を発射しましたが、直後に爆発し、失敗したと見られるということです。

      米韓両軍が詳しい情報を収集し、ミサイルの種類などについて分析を急いでいます。

      北朝鮮は今月5日、同じシンポ付近から日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射し、
      アメリカ国防総省の当局者は、射程が1000キロに達する中距離弾道ミサイル
      「スカッドER」だったと見られ、発射後まもなく制御不能に陥って発射は失敗した可
      能性が高いとしていました。

      一方で、韓国軍はミサイルがSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルを地上配備型に
      改良した、新型の中距離弾道ミサイル「北極星2型」である可能性もあるとの見方
      を示し、分析を進めていました。

                                 ~ NHK NEWS WEB ~



     ミサイル発射失敗でよかった?
     でも、今月5日にも「スカッドER」を発射して、「発射後まもなく制御不能に陥って発射
    は失敗した」?発射直後に制御不能ならまだいいですが、途中から制御不能になったら
    どこへ飛んでくるか危ないことこのうえないではないか!
     どうやら「発射後まもなく制御不能」という状態に制御しているようですよ。

      元韓国国防省分析官で拓殖大学国際開発研究所の高永喆研究員が米軍の
      シナリオについてこう言う。

      「武力攻撃の直前に、まず米軍は有人または無人の“電子撹乱機”を飛ばして、
      妨害電波を送るはずです。北朝鮮の有線、無線の他、パソコンなど、ほぼすべて
      のネットワークを麻痺させるのです。1~2時間で終わるでしょう。外科手術の前
      に麻酔を打つようなものです。指揮命令系統が遮断され、命令が届かなくなるうえ、
      ミサイルシステムも制御不能になる。北朝鮮が反撃したくてもできない状態にして
      から、攻撃を開始するわけです」

      1991年の湾岸戦争や03年のイラク戦争でも米軍は「麻痺作戦」を実行し、一定
      の成果を挙げているという。

               (中略)


      今月5日、北朝鮮がミサイル発射に“失敗”したのも、米軍がサイバー攻撃した
      可能性がある。3月に数秒で大破した中距離弾道ミサイル「ムスダン」についても、
      米ニューヨーク・タイムズ紙や英テレグラフ紙は「原因は米国が実施したサイバー
      攻撃にあるようだ」と報じている。

                           ~ 日刊ゲンダイ Digital News ~



     本日の北朝鮮のミサイル発射実験失敗は同時にミサイルカウンターとしての
    アメリカのサイバー攻撃実験成功でもあったのではないか?

      北朝鮮が核実験したいようにアメリカとしては朝鮮半島でのサイバー攻撃実験したい
    のです。
     そのためには北朝鮮にミサイル発射し続けてもらいたいわけです。
     そうしないと実験できませんから。
     北にミサイル発射を継続してもらうには(軍事的)圧力を加えていかないといけないの
    です。
     巷間喧伝される米軍による先制攻撃、今回はないと思います。
     「本番」は、もう少し先です。それまで北朝鮮はミサイル実験を続け、これに呼応してア
    メリカはサイバー攻撃実験を継続する。
     では「本番」はいつなのか?それについて検討するには、① そもそもシリア攻撃とは
    何だったのか?② トランプは変節したのか? ③ 日本攻撃の可能性は? ④ アメリカ
    (世界)の北朝鮮攻撃の最終目的は何か?等々考察しないといけません。

     それらについては別の機会にします。 
    







スポンサーサイト

国防 | コメント:0 |
<<米国空母はどこへ? トランプは想像以上に政治家(タヌキ) | ホーム | 北朝鮮有事?安倍ちゃんに追い風! そして甦る亡霊と生き続ける妖怪>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |