素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

東北紀行 VOL.3

 



    〔カヌー編〕

     東北行きを決めたのが遅かったせいか、有名観光地は宿がとれず実に巡路が迂遠と
    なった。一ノ関の宿に決めたのは当地に是非、寄ることろがあった他、「体験カヌーコー
    ス」というのがあったからだ。
     早朝5時に叩き起こされ、身支度して車で20分くらい行き湖に到着してカヌー出して
    装備を固め、漕ぎ出したのが6時少し前、8時半くらいまでみっちり2時間半、カヌー漕ぎ
    ましたが、見た目以上にスポーツでした。


    カヌー1
                    早朝の霧立ちこめる湖畔

    カヌー3 カヌー4
      さて出発です。               小さな滝がありあました。

      どうも蛇行してまっすぐ進まないことからインストラクターが見かねたのか、ボートの
     ように2人乗りでいくことんきしました。


    カヌー6
                 もう少し早いと濃霧の湖畔でした。

      
    カヌー8
       湖面に沈んだ樹木。青い棒は私の足ではなく、折り畳み式簡易チェア。


    この湖は「奥州湖」といいいます。
    名前からして新しい湖かと思ったら、胆沢ダムに沈んだダム湖だそうです。
    肝沢ダムは、1973年(昭和48年)に「胆沢川総合開発事業」として新石淵ダム建設事業
    が計画され、1989年(平成元年)9月環境アセスメント手続き終了・1990年5月(平成2年)
    ダム建設基本計画告示がなされ、補償交渉妥結調印後、本格工事に着手し、2013年
    (平成25年)11月16日に竣工した。堤高132.0mは東北地方に建設された多目的ダムの
    中では最も高く、堤体積は全国第2位・堤体長は国内最長723mの全国屈指の巨大
    ダム。
    
    胆沢ダムの建設の目的は、1)胆沢川流域及び奥州・一関市間の北上川の洪水調節、
    2)胆沢川流域農地への既得水利権分の不特定利水、胆沢川流域農地の新規灌漑、
    3)水沢区・江刺区等下流域への上水道供給、4)胆沢川の水位の安定、5)石淵ダム
    完成時より水力発電を手掛けている電源開発株式会社による発電、である。

                                   ~ 出典 WIKI ~



    カヌー11
                 ここらで接岸して一休み。


    カヌー7
                 鏡のように映る遠くの山々と森。

    カヌー10


    復路はだいぶコツを覚え、2ストロークづつ、「イチニ、イチニ」で声合わせ漕いだので往
    路の2倍以上の推進力のはずでしたが、逆風でどうもカヌーの進みは捗々しくない。
    ようやくスタートラインに戻り、クルマで宿に戻る際、「こんなところまで来たか」と呆れ
    るほどの距離でした。おかげで朝食を食べたら強烈に睡魔が襲ってきて、午前中は
    寝ることになってしまいました。


                                    (つづく)





スポンサーサイト

観光・レジャー | コメント:0 |
<<妄想劇場 「 亡霊と生霊たちの饗宴 」 | ホーム | コミーFBI長官解任!トランプの逆襲か?それとも返り打ちか?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |