素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

北朝鮮 I C B M は来年4月までに米国西海岸に届く射程となるだろう。

    



    北朝鮮のミサイル「火星14号」が発射され秋田県・男鹿半島沖約300kmの排他的経
   済水域の内側に着弾した。水面下で米朝交渉は進んでいて大詰めとも聞かされていたこ
   とからちょっと驚いた。もっとも交渉が大詰めだからこそ最後の威嚇的プレゼンテ―ション
   ともいえるか。

    それにしても安倍ちゃんがピンチとなると北朝鮮が示しあわせたようにぶっ放すね。
    まあ~、内閣府が北朝鮮のミサイル発射に対する全国瞬時警報システム(Jアラート)
   についてしきりにCM流していたので「変だな、そろそろまたやるか」という思いが片隅に
   あったことも事実だ。

    「火星14号」は高度2800kmまで飛んだ後、40分後に着弾した。
    通常の軌道であれば射程4500kmを超え5000km以上にも達すると言われる。
    つまり、グアム、アラスカをも射程距離に収めたわけで、これをもって「 I C B M 」が成
   功したする向きもあるが、米国西海岸(射程距離8000km)まで届かなければ「 I C B
   M 」とは言わない、核弾頭を搭載できる技術が完成しないと「 I C B M 」とは認められ
   ないというのが当初、米軍当局の見解だったと記憶する。
    ところが、米国政権(レックス・ティラーソン国務長官)は、北朝鮮が発射したミサイルが
   大陸間弾道ミサイル( I C B M )であったとの見解を示した。

      ティラーソン氏は声明で「ICBMの発射は米国や同盟国、地域への脅威を高
      めるものだ」と指摘。北朝鮮の労働者を雇用したり、北朝鮮に経済的・軍事的
      な利益を提供したりしている場合は「いかなる国も危険な政権を手助けしてい
      ることになる」とけん制。「脅威を終わらせるため、全世界が行動することが求
      められる」と訴えた。

                                  ~ 日経新聞 ~


     米国軍部は、まだそれほどの脅威ではないとしたいのに対して米国政府(国務省)は
    今回の北朝鮮のミサイル発射をさらなる北朝鮮への世界的圧力の契機にしたいようだ。
     さはさりながら、米国はすぐさまの軍事行動を起こせるわけもなく、「脅威を終わらせる
    ため、全世界が行動することが求められる」と主張して北朝鮮制裁に消極的な中国、ロ
    シアに行動を迫るしかない。

     さて、北朝鮮に関しては拉致問題に端的なように巷間喧伝される情報と実態が真逆で
    あったりする。板垣英憲氏によれば、「金 正恩はプーチンの命令でミサイル発射した。
    キッシンジャーもこれについて承知だ」という。
     「ん~ん」てなもんで、いよいよわからなくなってきたが、それでは何の目的で北朝鮮は
    ミサイル発射したのだ?曰く、「安倍首相早くやめろ!」という圧力だという。
      
                  ~ 板垣英憲 マスコミに出ない政治経済の裏話 ~
    
     7~8日にドイツでG20が開催され、当然、北朝鮮のことは議題となるだろう。
     米中会談もセットされているという。板垣説が正しいなら、安倍ちゃんはG20で撤退的
    に無視され「蚊帳の外」という扱いになるだろう。安倍ちゃんにとって困った時の北朝鮮、
    中国脅威であるし、そもそも北朝鮮の隣国である日本にとって北朝鮮ミサイル問題はと
    ても重要なはずだ。その問題すら世界(G20)で無視されたら、「俺はいよいよダメか」と
    思わざるを得ない。
   
     来年の韓国平昌五輪にてテコンドーで南北共同チームとか共同入場が提案される南
    北宥和 ⇒ 南北統一モードと北朝鮮脅威モードは矛盾するが、同時進行なのだろうと
    推論される。南北統一モードで考えると、北朝鮮、韓国の双方と国交のある中国に対し
    てアメリカは韓国としか国交がなく、中国の後塵を拝することになる。中国主導の南北
    統一はアメリカにとって好まざる事態だ。すぐさま、南北統一というわけではないだろ
    うが、そんな遠い将来のことではない、5年以内、いや2~3年以内かもしれない。
     アメリカとしては平昌五輪で南北宥和が演出される前にせめて米朝国交正常化くらい
    は実現したいはずだ。もう、そんなに時間はない、今秋に取りかからないといけない。
     以前、述べたようにそんな朝鮮半島情勢にあって、安倍ちゃん(外交)では実に都合が
    悪いのだ。


     感心している場合ではないが、北朝鮮のミサイル開発技術のスピードは金 正恩体制
    になってから加速している。かの国ではオリンピックで金メダルを取ろうものなら、一族郎
    党、一生左手団扇だそうだ。ミサイル開発もA~Dチームくらいで競争させていて、大き
    な成果を上げた家族はとても良い生活環境が提供されるとか。だから彼ら北朝鮮の技
    術者は必死なのだ。
     この調子だとアメリカ西海岸に届く「 I C B M 」 開発にあと1年もかからないだろうよ。
     だからこそ、アメリカは米朝交渉、国交正常化を急いでいる。
     もっともかの将軍さまが核を放棄するとは思えず、結局は核保有国として認めざるを
    得ないのではないか。そのうえで核軍縮をするように交渉すると思う。
     一旦はそんな素振りをみせても北朝鮮が約束を守るはずがなく、結局、アメリカ西海岸
    に届く「I C B M 」 を来年4月までに開発すると思う。
     そうしたら、副島隆彦氏曰くのように米軍は軍事行動に出ることだろう。
     もう一度、貼っておこう。

       1.副島隆彦のこれからの厳粛な予言である。北朝鮮に対する米軍の
      攻撃(空爆)は、起きる。それは来年の4月である。丁度1年後だ。
      そのときは、バンカーバスター・ミサイル(通常兵器では最高の破壊力
      を持つ。地下50メートルまでの分厚いコンクリートを貫通してそこで爆
      発する)を使う。おそらくこれを六発から八発打ち込む。あるいは連続的
      にこれを行う。これで北朝鮮の全域の核施設の全て破壊する。

      2.その前に、北朝鮮(金正恩、キムジョンウン体制)を挑発して、先に
      ミサイルを撃たせる。必ず北朝鮮に先に撃たせる。米軍による爆撃は
      その直後だ。この米軍のミサイルは、通常兵器であって核兵器ではない。
      戦術核ではない。 北朝鮮に先に撃たせる、ということがアメリカの軍事
      作戦の絶対的な条件、要素である。

                    ~ 副島隆彦 重たい掲示板 2126 ~

 
    
     それならば米朝国交正常化などする必要がないではないかと思われるだろうが、あく
    まで悪者は金 正恩であって北朝鮮ではないとするためには国交正常化が必要だ。
     最終的には金 漢率(キム・ハンソル)を後継とするためにも北 朝鮮との国交は必要
    なのだ。

     ことの是非はともかく東アジアはこのくらいのダイナミクスをもって展開しようとしている
    というのに日本の政治は何ともチマチマしてますな~。
     この期に及んでも「安倍1強」に明確に異を唱える政治家が自民党にはいないのだ
    から。







スポンサーサイト

国防 | コメント:0 |
<<九州豪雨 「これも地球温暖化のせいだ」 と言わせないために。 | ホーム | 新代表は 「 都民ファースト 」 じゃなくて 「 俺様ファースト 」 か!?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |