素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

安倍ちゃん最後の切り札 vs 政治的原爆

 


   

    世間的には安倍首相、及び閣僚のスキャンダルが喧しい。
    私(わたし)的には、安倍ちゃん辞任(総辞職)は時間の問題でありもうあまり関心が
   なく、次は誰がやるのか、どういう政権になるかに興味はシフトしている。
    そうはいうものの、内閣改造後、破れかぶれで解散するとなると興味が湧いてくる。

     くすぶり続ける加計学園問題に稲田防衛相の“隠蔽了承”疑惑が追い打ちで、
     内閣支持率は下げ止まる気配がない。そんな中、安倍首相が破れかぶれで
     解散・総選挙に打って出るのではないかという臆測が流れ始めている。

     永田町で囁かれているのは、8月3日の内閣改造でイメージを刷新し、その
     勢いで解散に踏み切るというシナリオだ。

                               ~ 日刊ゲンダイ ~


    まあ~、また不正選挙やれば大負けすることはない、少しくらい減らしても安定的過半
   数を超えれば、安倍内閣は信任されたと開き直るのだろう。そうはいくかな?
    都議選で不正選挙できず、自民が逆風で公明が離れ、反自民の受け皿があれば自
   民は大敗することが明らかになった。今のところ公明は都議選とは違い、自民と連携す
   るだろうし、反自民の受け皿が「都民ファーストの会」ほど盤石ではないことから安倍首
   相の読みもまんざらではないだろう。さはさりながら、小泉元首相曰くのように「世の中、
   登り坂、下り坂ともう一つ、まさか」というさかがあるのです。 
    森友、加計学園とスキャンダルが出ても、「まさかこれは表に出ないだろう」とタカをく
   くっているスキャンダルが表沙汰になったら・・・・・・

     広島・長崎、そして終戦記念日に売国家系の致命傷になる超ド級の暴露

      日本のマスコミは、秋葉原での安倍の街頭演説で「安倍ヤメロー」の大合唱の
      音声を巧妙にカットしてテレビでは流さなかった。
      特にNHKの編集は酷い。国民に伝えないのだ。

      それだけでなく、6月23日の沖縄追悼式典での「安倍ヤメロー」大合唱も報じない。

                (中略)

      8月3日以降に出て来るとされている「超ド級の暴露」が、加計学園系列の岡山
      理科大学獣医学部の秘密の生物化学兵器製造計画でないことを祈りたい。

                (中略)

      国防なんか、どうでもいいさ、それより人気回復だ・・・。
      安倍政権は、末期症状を過ぎて、いよいよ死に水を取るところまできた。

      そもそも、戦争好きは、この一家の血筋のようだ。CIAの抱擁の中で、育まれてき  
      た一家だ。

                (中略)

      しかし、ここのところ、絶妙なタイミングで、安倍晋三による日本破壊工作の決定的
      な証拠を次々放っている小マスコミだから、可能性がまったくないとも言いきれない。

      それに、「内閣改造直後」に、その超ド級の話が出て来る、という。
      それは、長崎、広島に原爆が落とされた日と同期しており、終戦記念日と重なって
      くる。

                                    ~ カレイドスコープ ~



    ここで言われる超弩級の暴露が事実なら、それは政治的原爆のようなものだろう。
    たとえ、野党がだらしなくてもこの政治的原爆の前には安倍自民はひとたまりもない。
    この動きを公明が事前に察知したなら公明の選挙協力も怪しくなってくるかもしれな
   い。政府自民党も察知するだろうから、そもそも解散したくても出来ない、なんて事態
   になりかねない。いくら解散が首相の専権事項でも政治的原爆に特攻隊できないで
   しょ。

    そもそもペンス米国副大統領来日時に「辞任か総選挙か」と迫れて6月解散を約束した
   のにそれも守れず、際限なく延命しようとするなら、もういい加減切れている勘忍袋の緒
   は完全に切れるだろう。「これ以上の猶予はない」というとだ。
    森友学園問題の時、原田武夫氏曰く「今辞めないとたいへんですよ。上部構造は容赦な
   いですよ」と最後通告されている。別の見方では安倍首相は首相辞任だけでは済まず、
   政治生命を絶たれるところまでやられると言われる。
     そんなことは承知で「どうせやれるなら解散・総選挙だ」ということだろうか?

     いずれにせよ、東アジア(朝鮮半島)情勢を考え合わせると、後へ後へとずれ込んでい
    るのだからこれ以上のスケジュール押しは許されない、安倍ちゃんには辞めてもらうしか
    ないという結論なのだろう。
     どうも、政治的原爆が落ちる可能性は否定できない。
     なんたって時間がないのだから。
   

     さて、最後に政治とはやや離れるが、多くの業界、会社に「安倍1強」もどきはないだ
    ろうか?おかしいと思いつつ逆らえない、異論を挟めない存在、ないし空気が。
     日本だけでなくもうまもなく世界も大きく変わります。
     「安倍1強」もどきに迎合してきた存在がやがて時代遅れになると思います。
     「違うものは違う」でいいのです。
     この大きな変化は政治のみならず各業界、各会社・組織にも影響を及ぼすと考え
    ます。





スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<そろそろ大きな政治家が必要だ | ホーム | 日暈(ひがさ)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |