素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

未来劇場 「懐かしのエコエコ」

  
  
 
  
   時は202X年、ジィジーラはほんまもんの爺に、チイチイはエンジニアになっていた。

 
  
  チイチイ  「へえ~、『素晴らしき放浪者の戯言』ねえ~、そんなのやってたんだ。
         でも、なぜやめちゃっての?」


  ジィジーラ 「おぬしも出ておったんじゃぞ、忘れたのかいな。しょうがいなのう
         世の中、危うくなってきたからやめたんじゃ。今からしてみれば、
         とりこし苦労じゃったのう」

  
  チイチイ  「それにしても、地球温暖化はCO2が原因じゃない、とか随分
         力こぶ入れて書いているね~、そんなの当たり前じゃん」
  


  ジィジーラ 「確かに今となってはそのとおりじゃが、当時はみんなCO2のせいじゃ
         と信じておったのよ。何せ常温核融合がジャンクサイエンスじゃったから」


  チイチイ  「みんなでエコエコって唱えたよね」


  ジィジーラ 「うん、懐かしいのう」



  なんていう未来になるといいね。


昨年、4/19、米国CBS 60Minutes「Cold fusion is hot again」のTBS編集短縮版。
常温核融合は20年以内に実用化の見込み。車の場合、4年に1度リストアー、チャージ
すればいいとのこと。核廃棄物はもちろん、CO2の出さない安全、クリーンなエネルギー。 


科学者の世界も宗教界と同じ!?“異端審問会議”で「異端」の烙印を押されると、徹底
的に干される。この装置は重水素とパラジウムを原料とする。重水素は事実上、無尽蔵
だが、パラジウムはロシアが全世界の推定埋蔵量の50%以上だという。
これからは、プーチンさんにゴマをすらなきゃ、いけないかもしれない!?






スポンサーサイト

環境・エネルギー | コメント:0 |
<<しんぼる | ホーム | 4つのタイムラグ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |