素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

マスゴミ交代(グーグルを買収する!?日本人)




  何々、グーグルを買収しようって奴がいるって!

  そら剛毅だね~。一体どこのどいつだい!
 
  苫米地英人と申します。


   すでにご覧になった方もおられると思うが、MXテレビの番組。
   ちょっと前は、この手の番組、深夜枠でやっていたのだが・・・。

   テレビのビット(入札)制の件は、他でも言われてる。
   TVがまともになるかどうか、わからないが、実質的編成権を有する、電Tの影響力を
  弱めることにつながるだろう。

   まあ~それにしても大きく出たものだ。
   「グーグルを買収するのは私だ」
   「ほかの奴には無理だ」と思っている。

   こういうこと言うのは「釈迦に説法」だが、Dr.苫米地は、昔、三菱地所に勤務して
  いた時、ロックフェラーセンター買収する時の中心メンバーだったら、「セルフイメージ」が
  大きいんだと思います。金額はグーグルの方が莫大ですが、技術もありますし、
 ロックフェラーセンター買収するより簡単だと思っているのでしょう。

  
   グーグルは絶版となった過去の本や公・私文書、学術書まで網羅しようとしている。
   日本では、確か慶応大学が協力している。
   のみならず、海や空、地中までカメラや計測器を入れ、土壌の分析や海底の生態系まで
   把握しようとしていることは周知のことです。
   どうやら、これらはペンタゴン、NASAと共同で進める情報集約事業で、
  「神の脳」プロジェクトと呼ばれているようだ。

    グーグルの創始者、サーゲイ・ブリンは、同社の未来ビジョンを「神様の脳みそを
    つくること」と公言している。このプロジェクトは、すべての個人のパソコンや
    事業所の持つコンピューターの情報を網羅しようとしている。そうなれば、わたし
    たちが毎日話していること、考えていること、何を買い、何を売っているかも、
    支配者から丸見えになる。エージェントが毎日ウェブ上を巡回し、われわれが何を
    検索しているか、どういう情報を持っているかを調べ、わずかな変化も追跡して
    いる。
 

   ~ベンジャミン・フルフォード著 「闇の支配者い握り潰された世界を救う技術」~


   まったく、ロクなこと考えやしない!
   ペンタゴンやNASAが絡むとなると、経済、技術だけじゃ難しいかもしれんが、
  きゃつらの暴走なんとか止めてほしいのう。
   グーグルなんぞ、買収しちまえ! 

   
   もっとも、苫米地氏は、おそらく「グーグル買収」の次を考えていると思う。
   「それはね・・・」と書こうと思ったが、これも捕捉されているだろうから、
   やめとこ(苦笑い)。





  
スポンサーサイト

メディア | コメント:0 |
<<朝生「第3次世界大戦」(前篇) | ホーム | スペース・ウォー>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |