素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

民主党マニフェスト説明会に参加  VOL.2

◎年金制度改革
 「制度改革に10年はかかります。当分は、古い制度と新しい制度の
  二重制度となると思います。」
 「現状25年かけないと年金は受給できませんが、スウェーデンをモデルと
  して10年でも受給できるようにします。」
 「このような大きな改革は、政権交代を実現しないとできません。」

~質問コーナーでは「年金」について質問が集中すると思いきや、
 それほどでもなかった。当たり前のことやってくれればいい訳で、
 メディアが騒ぐ程には、関心ないのかも~


◎医療、介護の再生
 「医師の数を現状よりも50%増員します。看護師などの医療従事者も増やします。」
 
~医療問題は、地域ごとにオーダーメイドじゃなきゃいけないので、国政レベルで
 できることといったら、こういう基本的なことに限られるだろう~


◎農業の個別補償
 「農業というより一次産業の補償政策と考えてください。」
 「食料自給率を上昇させるため、市場原理を逸脱するかもしれませんが、
  国際価格との格差分は補償します。」

 ☆国際自由競争にあって、日本が補償していたら、ますます価格競争力がなくなるのでは? 
 「単なる価格競争ばかりではないと思いますよ。僕はフィリピンにいましたが、日本の
  生産方法によるマンゴが、形、味、品質一番いいんですよ。それに農業というより
  生産、流通、販売等すべて合わせた第6次産業と考えております。イギリスも自給率
  40%でしたが、保護政策によって70%を超えるようになりました。」


◎暫定税率の廃止、高速道路の無料化  
 「暫定税率は廃止し、地球温暖化対策税を検討します。」
 「首都高速、阪神高速以外の高速道路は無料化します。単純なことですが、出入り口を
  もっと多くして利用者増やした方が、経済効果があることは国も認めています。
                                          (マニフェスト13ページ)
 
 ☆高速道路を無料化すると、環境問題がさらに悪化すると「東京新聞」に書かれており
  ましたが、いかがでしょう。


 ~申し訳ないが、私にすれば民主党も質問者も環境問題に関する限り、ヌルい。
  「封印された技術」が解禁になれば一挙解決だもの。そこまでいかなくても、
  間もなく電気自動車も燃料電池自動車も普及し始めるだろう。
  自動車メーカーも技術的問題ではなく、経済的背景をもった政治的コンセンサス
  のタイミングをみているだけだ。~


◎雇用対策
 「今や非正規雇用者が約38%です。民主党は派遣は専門職に限り、
  製造業には認めません。」

 ☆行政のスリム化を図った後、正規雇用じゃなくて派遣で済ますということはないですか?

 ~ナカナカするどい質問だ。確か田嶋氏は答えを濁していたと記憶している。~


しかし、ここまで書いてきて何か抜けていないか?
それに「改革」ばっかりで、ちっとも「天下国家」を語ってくれないじゃん。
例えば、この会場で「100年に1度の世界の大転換」、「革命」、「真実委員会」、
と語ったとしても、やっぱりわかる人は1%いないよな。

それはしょうがないとしても、「天下国家」を語ってくれないじゃん、という思いは
私だけじゃなかった。
              (つづく)  


〔付記事項〕
採録記事は、一字一句原文と同じではなく、おおよその意図を再現したもであることを
ご承知おきください。以下も同様です。


 
スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<民主党マニフェスト説明会に参加  VOL.3 | ホーム | 民主党マニフェスト説明会に参加>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |