素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

何なの?どうかな~! 前編




   まずは「何なの?」編から。

   河野太郎氏を座長とする「自民党政務調査会無駄撲滅プロジェクトチーム」が事業仕分け
  を行ったようだ。しかし、一体何なのかしらん、よくわからない。予算案が可決してから、
  野党が事業仕分けしたからといって何か意味あるの?影響力あるの?

   小野寺元・外務副大臣がガミガミ、官僚に詰め寄っていた。
   この人、外務副大臣の時、「自衛隊が海上給油止めたら、日米関係にたいへんな
  悪影響だ」といってビビりまくてっていた人だよね~。
   アメリカ様にはへ~こら、へ~こら、官僚たちには威張り散らすのかな?

   河野氏も、「かんぽの宿」売却はバルクセールで良かったんだ、とのたまわった。
   そうかね~、あの時はまがいなりにも国有財産でしょ、民間と同じバルク、要するに一山
  いくら、バナナの叩き売りでいいはずないと思うんだけど。
   一般の不良債権処理同様、バルクセールでいいというのはチト浅薄な思考だし、
  何となく立ち位置が見えてくるね。



   参加メンバー、河野氏、山本氏はともにネオコンの牙城、ジョージタウン大学留学
  組、小野寺氏はアメリカについていく派。
   もう、どういう集まりかだいぶ見えてくるね。
 
 
   河野氏の隣に、ロバート・フェルドマン氏が座っていたことにみなさんは違和感を
  覚えなかっただろうか?ブレーンくらいならかまわないが、何でこの作業にフェルド
  マン氏がのこのこ出てくるのだ?彼は、生徒会の会議に参観する学校の先生みた
  いなものか!

   副島先生は「世界権力者 人物図鑑」でフェルドマン氏に「気持ち悪い」とキャプション
  をつけている。(先生、印象批評はいけせん)
   「金融・経済面での日本操り対策班」というこの本、最後の項目で取り上げられているの
  だが、ここで「現地司令官」として位置づけられているジェラルド・カーティス氏なぞ大臣
  人事まで介入してくるっていうじゃないの!
   こんな調子だから今の自民党はダメなんだよ。 
 
   そうそう、この「事業仕分け」もどき、何を目的としているか、はっきりわかった。
   
  「選挙目的のパフォーマンス」――――これ以外の何ものでもない。

   事業仕分け自体は、河野氏の方が民主より早かったようで、ブログで民主の事業仕分け
  に歯ぎしりしたさまを語っている。(本人ブログ 2009年11月27日)

     
      【転載はじめ】
   民主党の事業仕分けを見に行く。

   正直、うらやましい。
   河野チームが去年からやった事業仕分けは、自民党の中では反乱軍のように扱われた。
   国立マンガ喫茶や酒類総研のように我々が廃止を打ち出したものに平気で予算がつけ
   られた。

   我々の事業仕分けはテレビタックルを始めいくつかの番組が取り上げてくれたが、
   今回のように朝から晩までほとんどのチャンネルで延々と取り上げてくれはしなかった。

   ちょっと、うらやましい。(いや、だいぶかな)

   我々の事業仕分けがこれだけメディアに取り上げられていたら、亀井や越智、木原に
   石原、福田、鈴木なども当選してきただろう。
      【転載おわり】

   はっきり書いてある、「事業仕分けをメディアが取り上げてくれたら選挙に効果的」と。
  
   河野氏自身は、次期自民党総裁を自任しているようだが、何だかな~。


                                 (つづく)
   






スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<何なの?どうかな~! 後編 | ホーム | マスゴミ交代2(亀井大臣はそういうけれど・・・)後編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |