素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

江戸三十三箇所 第六番 寛永寺 中編

    


    何しろ寛永寺は巨大でありまして、現存する伽藍だけでも本堂(根本中堂)、書院(非公
   開)、旧本坊門、清水観音堂、弁天堂、旧寛永寺五重塔、東照宮、時の鐘、上野大仏を有
   し、さらに19ケ所の子院がございます。普段、巡っているお寺はこの子院のような規模で
   あります。(因みに江戸時代は36ケ所の子院を有していた)
    そこで、今回はいくつかに絞って巡ることとしました。     

   
 〔清水観音堂〕

  清水堂
    寛永8年(1631年)の建築。京都の清水寺と縁がある。【重要文化財】


 清水堂(札)   清水堂(お釈迦さま)
  寛永寺の本尊は薬師如来で     当日はお釈迦さまの誕生日が近いという
  あるが、33箇所の札所の       ことで花祭りでありました。
  本尊は千手観音です。




  〔超基礎からわかる佛教〕~「薬師如来」、「千手観音」の巻~
 
   【薬師如来】
    詳しくは「薬師瑠光如来」という。
    サンスクリット語では、バイシャ=グル(BhaiSaja‐guru)といい、「医薬の先生」
    の意味。十二の誓願を立て、一切衆生を病苦・災難から救済する「佛」として崇拝さ
    れた。わが国では、古くから薬師信仰が盛んで、法隆寺、法輪寺、薬師寺をはじめ
    諸寺に薬師如来の像を安置し、「薬師経」の転読の行われたことが知られている。





  千手観音
                    (拡大してくだされ)

   
   【千手観音】
    千の腕を持つといっても、その図像は左右二十一本の臂(ひじ)とあと数百本の小さ
    な手から成るのが普通である。各手のひらに一眼があり、、正しくは「千手千眼観世
    音菩薩」という。左右二十一本の各々の臂の持物は、不空羂索観音の象徴である羂索
    (獣を捕える縄)、楊柳観音の象徴である楊柳などのほかに、ヒンドゥー教のヴィシ
    ュヌ神の法螺貝を持つなど、重層信仰の跡を示している。わが国では、天平時代から
    千手観音の信仰が見られ、そののち平安時代に至るまで今日に遺る遺品の像が数多く
    造立された。
      

   千手の手
                       
                       ~以上、出典「日本佛教語辞典」~


    いろんなことが出来るから「千手」だと言うわけでもないんだね。
    観音さまの中に観音さまがいるようなものか。「曼荼羅」と「千手観音」はどっちが
    古いんだ?両者は相通じるところがあるような気がするが、どうなんだろう。




   〔旧・寛永寺五重塔〕 

   寛永寺・五重の塔 
     これも重要文化財です。





 〔上野東照宮〕                    

 東照宮(唐門)
   上野東照宮唐門・拝殿(?) よく見ると拝殿は書き割りで、現在修復中。
   「国宝」のはずだったのだが、旧「国宝」となっていた。これも事業仕分けの影響?  


 東照宮(札)  東照宮(灯篭)
  「東照宮は保存修復のため平成21年   この並び方は何か中国みたいな感じだね。
   1月12日をもって社殿内部の拝殿
   を終了しました」とな?ガックシ。



   今回、一番楽しみとしていたのが、東照宮の「拝殿」と「透塀」じゃった。
   どちらもかつては「国宝」。
   「いつでも、いつまでも見れると思うな『国宝』」ということじゃな。

                                  (つづく)




スポンサーサイト

都市 | コメント:0 |
<<江戸三十三箇所 第六番 寛永寺 後編 | ホーム | 江戸三十三箇所 第六番 寛永寺 前編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |