素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

民主党マニフェスト説明会に参加  VOL.3

☆地方分権についてお伺いします。
  ~そうそう、これを忘れちゃいけないでしょ~
  先日TVを観ておりましたら、片山・前鳥取県知事がこう申しておりました。
   
   橋下知事、東国原知事、中田前市長が地方分権を推進する活動を
   しているが、結局、総務省に飲み込まれちゃう。なんとなれば、知事会は
   総務省出身が多いのだから。


  この件については、どうお考えですか?
  日本は国と地方の契約が存在しない。アメリカには国と州の契約がある。
  こういう観点からも憲法改正が考えられるのではないか。



「片山さんは総務省出身でしょ、あの人はそんな風に考える人なんですよ。
 まあ~、そんなことはないと思いますよ。」
「アメリカは合衆国で、日本とは国の成り立ちが違いますから、そのまま当て
 はまらないと思います。」

~どうやら、「天下国家」を語って欲しいのは私だけじゃないようだ。
  地方分権に関して民主党がどう考えているのか、次の質問者はさらにその点を突っ込む~



☆自民党のマニフェストには「道州制」の導入について、期限をきって明記
  されているが、民主党はどうなのか?



「民主党は、基礎自治体を重視します。「道州制」ありきだと、地方に小さな政府が
 できてしまうようなものです。」
「基礎自治体とは、例えば『千葉市』のような単位ですね。そういえば千葉市は財政
 状況が厳しくて、来年か、再来年か財政非常事態宣言を出さなければならない
 かもしれない。熊谷君にがんばってもらわないと・・・・」

え~、そうなの!?

                                (つづく)


 
スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<イジメはダメだおう。 | ホーム | 民主党マニフェスト説明会に参加  VOL.2>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |