素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

江戸三十三箇所 第十番 浄心寺 後編

   

   前にも述べたように清林寺、定泉寺、浄心寺は、近接、すべて本郷通り沿いに位置する。
   さて、本駒込界隈、根津・千駄木界隈どちらに行ったもんかいな、両方歩いてみることに
  した。




六義園  本駒込6丁目
この界隈じゃこれが一番有名 「六義園」  本駒込6丁目周辺は結構、高級住宅街。
                           鳩山邦夫邸も近くらしい。右側のパルテ
                           ノン神殿みたいのは宗教施設。


吉祥寺 碑  吉祥寺 山門  
お寺、お寺、お寺、あっちもこっちも、とにかくお寺だらけ。
「吉祥寺」というお寺もあるね。


根津神社  豆腐
こちらも忘れちゃいけない、根津神社。          豆腐百珍ならぬ名水百選
根津から千駄木界隈を歩いてみませう。         で作った豆腐料理専門店。


アロハ  芋甚
あら珍し!着物をリメイクして  「暑い暑い!」と堪らず甘味処「芋甚」に飛び込む。           
作ったアロハ!          ここのアイス最中は、特に最中がウマイ!サックと
                    してシュワッと溶ける。最中嫌いな私がウマイのだ
                    ら日本一、最中がウマイのではないか。
 


由美  ブリキ
住宅街の一軒家レストランならぬ「一軒  イナタさの裏返しの激シブといえば、団子
家喫茶店」由美かおるは狙い?イナタイ  坂のこのハンバーガーショップ。
                           わざと錆びたブリキの波板貼ってある。


鴎外図書館  観湖楼
団子坂といえばこちら。            今東光少年はお遣いで観湖楼に鴎外先生
観湖楼跡は取り壊して再建とか。       を訪ねたことがあるそうな。後に森軍医
                           総監と団子坂ですれ違った時、今青年が
                           挨拶すると「見覚えがある奴だ」とサッと
                           敬礼してくれた。今青年には「とても
                           カッコ良かった」そうだ。     
   

鴎外  やぶ下通り界隈
この写真の鴎外先生(右)は    団子坂脇の「やぶ下通り」界隈。
明治45年当時だから、既に    よしもとばなな女史は生家が根津で、街中で
軍医総監。今青年が鴎外先生   普通に立川談志師匠を見かけたという。
とすれ違うのはこの2~3年後   一時、千駄木も普通に文士が歩いていたのでしょう。 


                                     (了)





スポンサーサイト

都市 | コメント:0 |
<<帰ってきたベンさん | ホーム | 江戸三十三箇所 第十番 浄心寺 前編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |