素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

もうバレバレのマスゴミ


   東京、大阪と民主党代表選の街頭演説会が行われた。
   (ア)菅さんには、聴衆の反応が薄かったのに、小沢氏に対しては「小沢コール」が起こっ
  たようだ。
   これを捉えて、「動員かけた」、「一部に熱狂的なファンがいるんですよ」等、マスゴミは
  火消しに躍起だ。さあ~果たしてそうだろうか?
   
   ライジングサンさん本のセンセのブログ)経由の岩上安身氏にツィッターによると、
  新聞記者の「小沢憎し」はもはや病気というしかない。こんな連中にいつまでも
 「PRESS」の腕章わたすな。

         【転載はじめ】
   小沢バッシングを正当化する記者クラブ論理・ある新聞記者との議論から
   ~岩上安身つぶやき編集~



    昨夜、ある会合で新聞記者と議論になった。

    話題は小沢氏。

    彼は、小沢は悪だ、クロだと決めつけてはばからない。
  
    しかしその根拠は何もない。

    すべての記者クラブメディアが連日ネガキャンを張るのは

    正しいと言い張る。


    続き。

    その記者は、小沢氏関連以外は常識的な話をする人物だった。

    それだけに、この件に関しての偏りぶりは尋常ではないと

    感じられた。

    自分自身は、小沢氏に関しても検察に関しても、

    まったく取材していない。自分自身ではっきり言い切って、

    そのうえで開き直り続けた。

      (中略)


    小沢は謝ってないんだ、

    謝らせるまで毎日書き続けていいのだ」

    という。おかしい。


    続き。

    新聞は、どれだけ高みから見下ろしているのか。

    いつから司法機関を超えて、

    人を裁く権限をもつようになったのか。私は問い返した。


    続き。


   「俺たちは自分に落ち度があっても、

   小沢批判をやめたらいけないんだ」。

   なぜ? そう聞くとまた何度でも同じところに戻る。

   「謝っていない」。何について? 

   「企業団体献金をやめるといったのに、まだ受け取っている。

   許せない。謝れ。謝れ。おれたちは謝った。オザワ、謝れ」。

   その繰り返し。


   続き。

   酒の席とはいえ、ここまで没論理的になると、

   まともな議論にはならない。

   「おれたちは頑張ってるんだ」と、

   何度もその記者は繰り返した。


   「毎日、社員をどう食わしていくかで、精一杯なんだ」とも。

   そうした自己弁護のすべてが、

   記者クラブあげての

   小沢バッシングの正当化につながっていた。


    (以下略)

      【転載おわり】
  


   各紙記者とも似たようなもんだろうが、この「生活かかっているんです」感から察するに
  件の記者は、サンケイか毎日だな。そのくせ、どこかに男気感じさせることから、やはり
  サンケイだろ、ベタだけど。

   もっとも、この記者も上層部から洗脳されたカワイソウな人かもしれない。


    もうバレバレだぜ!マスゴミ!  




   新聞は相変わらずだが、ワイドショーは微妙にトーンを変えてきているね。
   評論家・小沢遼子女史をコメンテーターに据えて、

   「もう『政治と金』をずっと言っているでしょ、何なのいったい!
    西松建設では逮捕されて大久保秘書の裁判は進まないし、
    『検審』が『起訴相当』とした件だって、農転(農地転用)で登記がずれた
    だけでしょ、どうなっているの?」

   小沢女史は業界長いから、タイミング、サジ加減を間違えない。
   小沢ネガティブキャンペーンのTV番組で、これ以上言ってはいけないところを
   よく心得ているし、でもポイントは確実についている。

    当然、MCは無視する。

   水道橋博士も、「世論、世論言いますが、ネットでは真逆ですよね」
   とすかさず畳みかける。
   
   これもMC以下ほかのコメンテーターは無視。
   答えられないが正解。
   
   少し前なら、小沢ネガティブキャンペーン一辺倒だったワイドショーも微妙にトーンを
   変えて「アリバイづくり」しているわけだ。


   もうバレバレだぜ!マスゴミ!
   

   業績堅調な日本テレビが、他社にさきがけて20~30%、給料カットもあり得る給料
  体系をスタートさせるようだ。
   氏家会長も今年の入社式で、「近い将来5系列中2つはつぶれる。適者だけが残る」
   と危機感を露わしたという。

   2つはどうかしらんが、1つは逝ってしまうだろう。
   それはどうやらTBSのようだ。
   TV黄金時代を知るものとして、「ドラマのTBS」、「報道のTBS」と民放の雄だった
  TBSが・・・・と隔世の感がするのう。
   
   小沢政権が出来たら、自己の既得利権が侵される?
   そんなこと言って、誰が首相になろうと、しょせん時間の問題じゃないの?


   もうバレバレだぜ!マスゴミ!







スポンサーサイト

メディア | コメント:0 |
<<これも知られざる兵器?(または、戦艦大和の亡霊) | ホーム | 朝生 「米中新冷戦時代と日本」 VOL.5>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |