素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

これでB層もわかる!?検察証拠改ざん

   




   先日、無罪判決を勝ち取った厚生労働省元局長、村木厚子女史にかかる郵便不正事件
  で、大阪地検特捜部主任検事が押収したFDを改ざんした容疑で逮捕された。

        【転載はじめ】      
    郵便割引制度を悪用した偽の証明書発行事件をめぐり、押収品のフロッピー
    ディスク(FD)のデータを改ざんしたとして、最高検は21日夜、大阪
    地検特捜部でこの事件の主任を務めた前田恒彦検事(43)を、証拠隠滅
    の容疑で逮捕する方針を固めた。
        【転載おわり】
                ~ 引用 asahi.com ~ 
  

   当の検事は遊んでて誤ってやってとか、しらじらしい答弁をしているようだ。
   これでB層も、ど~も検察もおかしいんじゃないか、さすがに気づいたかしらん。
   この事件は、民主党の石井一議員を陥れるため仕組まれたものであって、昨年の総選
  挙前に東京(小沢)・名古屋・大阪(石井一)と各地で民主党の大物を狙い打ちする
  ための一連の事件であると言われている。
   来月中に出ると言われている検審の結果に影響がないというわけにはいかないだろう。
   繰り返すが、前回、検審が「起訴相当」としたのは不動産登記の時期と金銭授受の時
  期がスレただけあり、これをいちいち起訴していたら不動産業は成り立たない。
   やや大げさかもしれないが、横断歩道でないところで道路渡ったからと言って、逮捕
  されるようなものだ。



   私の両親は何となく根強い自民党支持者で、典型的なB層であります。
   でも、最近はどうも様子がおかしいと気づき始めたようであります。

    「何でそんなに小沢さんをイジメるの?」
    
   と質問されたので、だいぶはしょりましたが、斯く斯くしかじかなんだよ、と説明する
  と浅く薄く納得したようであります。
   世間のB層も今回の件で少しはわかったでしょうか?

   

   
   仙谷悪代官は、“毒を食らわば皿まで”と徹底的に「小沢つぶし」を推し進めるだろう。
   今回の一件があっても意に介さず、あくまでゴリ押しするかもしれない。
   何たって彼のバックには、反小沢の官僚たちがついています。
   「政治主導」や「挙党一致」などこれっぽっちも考えていないでしょう。
   もちろん、仙谷悪代官の背後には米国(CIA)もいるわけで、「政治主導」なんか許さ
  ないだろう。
   何とならば「ブロガー危うし!?」で書いたように、米国のみならず日本も規制・監視
  社会にもって行きたいからです。
   (そう言えば、東京都が消防法に抵触する建物をネットで公開することを決めたようだ
    これも「真綿」のような規制の一端。全国に波及するだろう)

   まかり間違って1~2年、菅(仙谷)内閣が続けば、じわじわと(急速にかもしれない)
  規制・監視社会になっていくでしょう。
   規制・監視社会は、検察・警察が幅を利かせる世の中です。
   今回のような一件も平気で内部隠ぺいするでしょう。

   規制・監視社会の主役は、もちろん「官僚」です。
   ですから、政治主導なぞもってのほか、官僚主導でなければならないという訳です。
   これは下野した自民党も狙っているところでありましょう。
   そんなことないだろう、新自由主義と規制・監視は全く相いれないではないか!

   いやいや、これら新自由主義をも飲み込んでいくのが「ネオ・コーポラティズム」の
  ようであります。


  

  
スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<ブロガー危うし!? 番外編 | ホーム | 歪曲された歴史 VOL.2>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |