素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

年忘れ!ベンさん(後編)




◎ アメリカの現状

   今のアメリカはファシスト政権に乗っ取られ、暗黒の世界へとひた走っていると言っても、
  たいがいの日本人は信じない。私の身の回り、家族、友人、仕事仲間等に話してもすんなり
  同意する人は皆無だろう。「そうなの?」と疑念を抱くだけ、まだマシで大多数は右から左
  へ受け流す。

   当日も「アメリカがナチ、ファシスト国家と言うが、具体的にはどういうことか?」
  と質問された。これをうけてベンさんは答える。

    「今のアメリカは中世以前の人権、マグナカルタ以前の人権の状態です。
     すなわち意味なく逮捕される、テロリストに指定されただけで逮捕されます。
     そのためか、アメリカの囚人は中国の5倍以上で、しかも彼らは刑務所で奴隷
     労働させられる。
     今のアメリカは中国の人権をとやかく言えない。アメリカの方が中国より
     人権がない」

   この件は当ブログも「ブロガー危うし!」、「どうしてマイケルジャクソンだけなんだ
  等でふれました。
       (ベンさんは2007年8月、第1回か2回の講演会の時もこれにふれている)


   さらに事態はひどくなり、「米国の歴史上最も危険な法案」といわれる、
  
   上院510法案「食品安全近代化法」が反対を押し切って可決された。

   この法律により、家庭菜園でレタスを栽培し、地元の直売所で販売しただけで、重罪犯人
  (密輸業者)として逮捕する権限が米国政府に与えられる。
   種の貯蔵も犯罪になり、代々受け継がれた種を貯蔵して家庭菜園をしている人は一般
   犯罪者になってしまう。これには、明らかに、モンサントなどの企業に種子を独占さ
   せる意図がある。

                 ~ 引用 るいネット ~


   食品の安全性を高めるとか何とか言って政府が認められたモンサントの種苗だけ買いな
     さいということであります。 
       もっとも法案で懸念された家庭菜園、零細生産会社は今回、対象から除外されるよう
   ですが怪しいもんです。  
   この件に関してベンさんは、

    「『食品安全近代化法』はアメリカ人をバカにするためのもの。
     可決しても、彼らは失脚して法律を実施できないでしょう」

   補足:遺伝子操作による食品はやはりヤバイらしい。免疫を低下させたり、栄養状態を
      悪化もしくはアンバランスにして、いや、ほんとにバカになるかもしれない。
      日本の食品会社(みそ、しょうゆ)はアメリカの大豆買わないようにしているら
      しい。キレやすい子供の原因として栄養(カルシウム)不足を指摘したのは、
      美輪明宏氏だったが、近年の食品は厚生省の基準スルーする発ガン物質とか、
      精子減少させる物質とか何が入っているかわかったもんじゃない。


   それにしても、ベンさんは相変わらず楽観的であります。
   曰く、米連銀がかかえるハイレベルの債券の締め切りが来年1月末だが、彼らがどうあが
  いてもその締め切りに間に合わない。
   もっとも、彼らがおとなしく退散するはずがないので楽観はしているが、どんな攻撃をし  
  てくるか非常に危険。

   それならばドル覇権が終わったら、大混乱になるのでは?と質問すると、

    彼らの傭兵(ブラックウォーター)がどんな強力な兵器を持っているか、それ次第
    だろう。でも、どんなに延命措置しても来年でオシマイ。
    混乱があるとしてもアメリカ国内、欧州に限られる。
    ソフトランディングは可能だ、ジワジワ変わっていく。

   と回答した。
   
   そうは言っても、日本経済はいまだに輸出産業が牽引していることから欧米が混乱に
  陥ったら、それ相応の打撃があるはずだ。
   いや、やはり最低限度「必要悪」は不可欠・不可避と考える。
   そうしないと、わからん奴はいつまでもわからん、日本が変わらん、「マスゴミ交代」
  しないではないか!ベンさんは「真実委員会」とか言って過去のこと問わないかのように
  言うが、逮捕者が出ないと、B層の脳には届かんのよ! 
 
   でも、CIA ⇒ 電T ⇒ マスゴミの構造が変わらなくても、CIA自体が変わってし
  まえば、コンテンツが変わってしまうか。
   ベンさんは来年以降、民放TVでも驚くべき内容が放送されるというのだが・・・。
   そんなにすんなりいくか?
   待てよ、少し前、ブラックリストに載っているはずのベンさんが民放TVのゴールデン
  タイムに出演した。前回、聞いたら、「担当ディレクターがボクのこと好きなだけだよ」
  とうそぶいていたが、ほんとか?やはりじわじわ少しづつ地ならししているのだろう。

   日本も世界のいい加減変わってほしいと思う年の瀬でありました。 

                                 (了)


  
スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<海老様 見参! | ホーム | 年忘れ!ベンさん(前編)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |