素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

二重、三重・・・の政治不信(後編)

    



   誰か若いので「議会制民主主義の危機です」と叫ぶ政治家はおらんのか。
   若いのは議員生活かかっているから無理か。
   じゃ、自分はもう年だからどうなってもいいというアヴァンギャルド爺ちゃんはおらんの
  か、情けないのう。

   要するにみんなビビッているんだよな。
   この「ビビリ」若しくは「無関心」がファシズムの始まりだ。   
   最高権力であるはずの内閣ですらビビッているんだから。
   噂によると、(ア)菅さんは末期の阿倍さんみたいに夜、精神錯乱状態らしい。
   リチャード・コシミズ氏曰くのように、国際金融寡頭勢力(ヘビ族)の圧力が強力なんだろ
  うな。でも、国内をまとめきっていれば「統治能力」があれば堪え切れると思うだがな。
   散々、罵詈雑言を浴びせかけているが、これは必ずしも彼らだけの責任じゃない。
   この20年、特に小泉時代、日本はズタズタにされてきたのだ。   
   
   国際金融寡頭勢力(ヘビ族)についているブログは世の中に多数存在する。
   でも、彼らだって追い詰められいて、さらにアジアの秘密結社が立ちあがったこと
  を書いているものは少ない。これは重要です。


   ベンさん曰く、鳩山前首相は新金融システムの発表を見込んで一見、「迷走」でしかない
  普天間基地問題に取り組んできた。残念ながら、昨年は新金融システムが空振りで、ただ
  単に「出来もしない理想」を語る首相で終わってしまったけれど。
  鳩山前首相の祖母・薫子さんの父上は玄洋社のメンバーだからね、彼は黒龍会の復活も
  承知しているだろう。 
   「黒龍会、何それ?」ってもんで、このあたり松下政経塾系はさっぱりわかっとらんでしょ。
   もっとも、黒龍会が彼らを支持するとも思えない。
   
   ホント、あともう少しだと思うよ、米連銀一派が総崩れになるのは。
   いや、抵抗が激しく総崩れにならなくても米国内ぐちゃぐちゃで日本にかまってられない状
  況になると思うのであります。
   何でその時まで、つらくても厳しくても歯くいしばってがんばれないんだ、民主党、
  特に松下政経塾系は!

   内部で揉めていたら、野党、しいてはアメリカにつけ込まれるだけじゃん。
   どうして中学生でもわかるこんな単純なことがわからんのだ。
   まあ~、大きく言えば留学して脳をやられている(洗脳されている)からだろう。
   もっと、小さくいえば現政権・現執行部の多くは、自民党・小泉一派とやがて合流する腹づ
  もりだからだ。
   政権維持という邪心しかなく信念がないから、彼らの顔色ばっかり伺っているんだ。

   もう、そろそろ言いきっていい頃だろう。

   菅直人よ!あんたは憲政史上、最低・最悪の宰相だ!!

   魔道に堕ちたあんたには無理な相談かのしれないが、政治家を志した頃の気持ちが少し
  でも残っているなら、日本のためさっさと退場してくれ。
   辛卯(かのとう)の来年、ごまかしきれるもんじゃない。
   あんたの生き残る道は残っていないよ。
   男は引き際が肝心だ。




スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<私流「山路・大桃・麻木不倫騒動」始末記 | ホーム | 二重、三重・・・の政治不信(前編)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |