素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

マスゴミ交代10 「二人の終わったオッサン」(前編)



   (ア)菅さんがいくら調子はずれのセリフを吐こうが、どれだけクサイ田舎芝居しようが、
  もう彼について言う事は「一刻も早く退陣せよ」の一言であり、これらについては繰り返さな
  いつもりだった。呑気に「お寺巡り」しようと決めていた。

   だが、昨晩のTBS「NEWS 23」はあまりに酷く、画面にケリを入れたいほどだった。
   とてもスルーできなので記事にすることにした。

   のっけから(ア)菅首相の言動をさも正当なものなごとく取り上げ、何やら妙な風向きだっ
  たが、岸井某、立花某が発言するようになってから、北朝鮮の放送観ているのではないかと
  錯覚するほど偏向、いや露骨な世論操作が繰り広げられた。

   岸井某曰く、

    「小選挙区制にしてから、政治家が選挙のことばかり考えてどっしり腰を据えて
     政治できないようになった」

   その小選挙区制を作った小沢氏が悪いと言いたいようだった。
   確かに小選挙区制には、そういう側面が認められるが、そのおかげで自民党単独政権か
  ら政権奪取して政権交代できたんじゃないの?
   たまに政治の安定性云々言う人がいるが、「年次改革要望書」をつきつけられてから自民
  党はどんどん劣化していき、最後に小泉元首相が壊してしまった。「政権交代」が可能だっ
  たら自民党は鍛えられ、ここまで劣化しなかったんじゃないでしょうか?
   悪徳ペンタゴンによって今や風前の灯の感がある「郵政見直し」だが、二大政党制(政権
  交代)があったからこそ、小泉・竹中路線にストップがかえられたわけです。
   政権交代のための「小選挙区制」であり、それがアカンというなら単独政党(自民
  党)永続政権が望ましいと言っているに等しい。


   岸井某は「やっぱり自民党永続がいいよう~」と言いたいわけだ。

   さらにこのオッサンはぬけぬけと言ってのける。
   「この2年間、新聞はみんな小沢はもう古いから、政界を去ってくれと言い続けている」
   まさにマスゴミ根性まるだしだのう。
   「私は・・・」と主張するならともかく、おのれもマスゴミの一員のクセに「新聞は・・・」
  とする無責任さは何だ!
   まだ、新聞を信じている人が大多数だと思い上がっているらしいが、ネット人は新聞なぞ、
  特に社説なぞとうの昔に信じていないぞ!!ネット人はまだまだ少数派とタカを括っている
 んだろうが、この少数は行動する少数だぞ。
   それより何より新聞はどれほど偏向してきたんだ。
  「新聞は・・・」というがそんな偏向しまくった新聞に何の権威、見識があるんだ!
  「検察リーク情報」あたりから、いよいよ一般人ももう気づきはじめているよ。
  ズレてますな、オッサン!


   立花某にも怒りを通り越して呆れ果てた。
   「田中角栄金脈問題」で有名なこの御仁は、どうしても「金権政治」の流れに小沢氏を組み
  込みたいらしい。中選挙区制で派閥政治が幅を利かせていた頃ならいざ知らず、小選挙区
  制になり党(党首)同士がガチンコ勝負し、政治資金規制法で縛られた現状にあてはめるの
  には、そもそも無理がある。自民党が派閥政治を堂々とできる政治制度だったら、かの政党
  はもっと活力があるぞ。

   ジャーナリストも想像力が必要であり新しい事態に直面した場合、想像力が払底している
  と、古い図式に無理やり当てはめることから的外れとなる。このオッサンも老いたと言わざ
  るを得ないだろう。

    オッサンは主張する。

    小沢的なるものは、もう時代おくれで、その重しがとれればいい政治ができる。
    政治主導は間違いで明治から続く官僚制を生かすべきだ。

   ナルホド、今の仙菅政権の方向は間違っていない、そう擁護したいわけか。
   いい政治ができるはずの松下政経塾系を中心とした仙菅内閣の無能ぶりはどうしたこと
  だ。
   別に小沢氏は「闇将軍」的な力など行使していないよ。消費税増税発言による反発と腰砕
  け、尖閣問題の計画性のなさと無責任、米国、財界のいいなりのTPP、全部彼ら固有の無
  定見と無能のなせるものです。
   でも、こうも付言している。

    今の民主党に日本を統治した経験のある人は小沢氏ほか数名しかいない。
    (だから、彼らには荷が重い)
    
   だったら「脱小沢」ではなく挙党体制でやるべきと結論づけられるはずだが、そうはならな
  いのだから、彼のいいたいことははっきりしている。

   遠まわしに民主はダメで自民にしろと言っているか、仙菅内閣のメンバーが
  自民・小泉一派と合流することを前提に発言している。
    
   岸井のオッサンも立花のオッサンも言いたいのはこれだけだろう。
   だったら、そういえばいいじゃないか。
   
   それを小沢氏をスケープゴートに仕立てあげることで、世論操作するその手口は
  悪徳ペンタゴンの一角を占める「マスゴミ」以外の何ものでもない。

   (文春〔≒CIA東京支店〕に囲われた立花某はこれ以外に生きる道はないか)

                                (つづく)
    




  
スポンサーサイト

メディア | コメント:0 |
<<マスゴミ交代10 「二人の終わったオッサン」(後編) | ホーム | 江戸三十三箇所 第十三番 護国寺(前編)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |