素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

「自民党よ!菅政権を打倒せよ!!」と言いたいのだが・・・。

    




   小沢氏が強制起訴された。
   規定路線で特に感慨はないのだが、既存メディアの多くは相変わらずだ。
   テレ朝は、

    「小沢氏への離党勧告、もしくは党員剥奪が出来るかどうかがポイントです」
   
   などと述べている、何だソレ?
   「出来るかどうか」というのはMUSTみたいで、既にイコライザーがかかっている。
   せめて「すべきかどうか」と述べるところだろう。
   「朝生」担当で、「小沢問題」の実態を知っているクセに、このようなコメントを受けて
  司会進行しなければならないところが局アナの悲しさだ。
   彼の苦しい立場が如実に現れている。
   TBSは、検審での起訴の前例はなく、また今回が前例にならないこと、及び有罪判決の
  可能性はほとんどないこと等述べてまだマトモだった。同じTBSでも「朝ズバ」とは 
  エライ違いだ。
   

   さて、それより問題は(ア)菅政権が取りまとめようしているTPPだ。
   何でも5月ゴールデンウィークの訪米は延期され、6月までにTPPを取りまとめ
  6月末の訪米の手土産にしたいらしい。

   冗談じゃない!!

   やはり、TPP推進する(ア)菅政権はその前に何としても打倒しなければならない。
   小沢氏の公判が始まるのは6月以降のようだし、裁判終了まで表だって動けない。
   自民党の派閥政治が健在の頃なら、派閥力学(政策の差異でもある)による
 “党内政権交代”も可能だが、今の民主にはそれもなく、そもそも最大グループ・小沢一派
  が動けないのだからどうにもならない。

   今にして思えば、こういう「絵」だったのか・・・であります。
   検察、マスゴミ、民主党内反小沢派がそれぞれ、連携したり自律的に動いたり
  した、「小沢殺し」は、実はこのためだったんじゃないのか?

   いやいや彼らは全体の「絵」は見えていない。太平洋の彼方で「シメシメ」とほくそ笑
  んでいる人々がいるわけです。

   「小沢殺し」は出来ればそれにこしたことはないが、それも出来ない場合、小沢氏を
  「縛られ地蔵」にしてしまえば、(ア)菅は「きゃんきゃん」と足元にすり寄ってくるの
  でチョロイもんさ。そう彼は踏んでいた。お得意の「両建て作戦」。
  
   TPPに日本を何がなんでも参加させ、軒並み市場開放させる。
  
   いや、これに比べれば「小沢殺し」も全体の「絵」の一部だ。


   
   “党内政権交代”があてにならないなら、やはり野党になんとかしてもらうしかない。
    公明党はさすがに(ア)菅を見切っているようだし、

    「自民党よ!菅政権を打倒せよ!!」と言いたいところだが・・・・・。

    自民党のメインストリームは今や小泉一派ら新自由主義者であることから、TPPに
   参加推進派じゃないのかしらん。当然、TPP反対派もいるのだが、どうも影が薄い。
    
    またしてもだ・・・・。

    これも「両建て作戦」。

    (ア)菅にTPPやらせてダメだったら、前原と自民を組ませてTPP。
    どっちに転んでもTPP。


    感心している場合じゃないが、IQ130以上の天才たちの考える「シナリオ」は
   あちらこちらでオルタナティブ、どう転んでも「最終ゴール」に辿りつくようになって
   いる。


    日本の中堅政治家、専門家でこれらに匹敵するくらいの「絵」、いやそこまでいかな
   いまでも土俵際でうっちゃる「絵」かける奴はいないのか?





スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<マスゴミ交代11 「マスゴミ交代1歩(1.5歩)前進!」 VOL.1 | ホーム | 見え見えの(ア)菅!?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |