素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

江戸三十三箇所 第十五番 放生寺(後編)

   




  それでは、慈眼寺、放生寺の所在する早稲田界隈を歩いてみましょう。


穴八幡 平山時計店
 まずは、放生寺のお隣、穴八幡。         早大近くの平山時計店。
                               店主・平山さんは米国時計学会
                               から「公認高級時計技術師」と
                               して認められているとか。  

学習院女子
 学習院旧正門。学習院が神田錦町に開かれた時の正門で「重要文化財」に指定
 されている。現在は学習院女子大学、学習院女子中高等科の正門となっている。



漱石生誕の地 漱石公園
 夏目漱石生誕の地。         こちらは漱石終焉の地、現在は「漱石公園」。 
 現在は牛丼屋。
    
 漱石 看板
 漱石は2年間の英国留学で約2万冊の書物を読んだと言われます。1日約29冊
 のペース。そんなことは可能なのか?漱石に限らず旧制高校の頃までは「速読」
 「フォトリーディング」がたしなみとして誰でもできたようです。
 それにしても1日29冊だと、神経衰弱にもなりますわ。 
 漱石 本
   



 ズラリ漱石の初版本?
 いえ、「初版本」の複製です。
  

    
 
    
       
 そうそう、これを忘れてはいけません。
 都電荒川線。 

都電 走る
 あたしゃ、「鉄ちゃん」でもないし路面電車利用者でもないのでよく知りませんでし
 たが、同じ路線でもいろんな車両があるようです。

都電 青  都電 ホーム
 こちらは面(おもて)が青。          これも最初のと違います。


 〔ちょっと道草〕

   路面電車は、昨今、欧州などで見直されており、復活の兆しであります。
   東京も銀座~晴海で路面電車が復活するようです。

    環境負荷の少ない次世代型路面電車(LRT)を将来、銀座など都心部に走ら
    せることを目指し、東京都中央区が来年度予算案に調査費として約1500
    万円を計上することがわかった。
  
    区によると、現在工事中の環状2号線・銀座―晴海間などに、2016年度、
    路線バスが優先的に走る高速輸送システムを導入。その後、早ければ20年
    頃までにこれをLRTに入れ替えることを目指す。

                 ~ 引用 「読売新聞」
 


 荒川線を「面影橋」で降りてさらに散策。

宮田工芸 外観 東京染め物語
 宮田染工芸さんです。           併設された「東京染ものがたり博物館」
 
宮田工芸 室内
 宮田染工芸さんは「東京染小紋」とか「江戸更紗」など着物の染色をしています。
 染色の「伝統工芸師」は都内に28人、その他に染色に従事している人もいるそうで
 です。(博物館奥より入口を望む)

宮田工芸 陳列
 壁一面に展示されている「作品」や「賞状」の数々。NHKの「ブラタモリ」でも
 紹介されたそうです。私、結構、この番組は観ているのですが知りませんでした。

吉永小百合 桑田佳佑
 映画「天国の駅」で吉永小百合さんの  いわゆる着物でなくても染色するそうで
 着物の染色を担当された。          サザンの桑田さんの衣装も担当。


                                  (了)







スポンサーサイト

都市 | コメント:0 |
<<大人しい日本人よ!そろそろ声を上げないか!TPPに!(前編) | ホーム | 江戸三十三箇所 第十五番 放生寺>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |