素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

江戸三十三箇所 特別編 伝法院公開




  
   浅草寺が平成本堂大営繕記念として、普段未公開の伝法院を公開するというので
  出かけてみた。

   伝法院 看板

   公開されるのは大絵馬を中心とした浅草寺の寺宝と回遊式の庭園であります。
   約1380年、都内最古の歴史を有する浅草寺は、観音信仰の証として古くから
  絵馬が掲げられてきました。

    現存する浅草寺の絵馬・扁額は254点で、五重塔の絵馬堂内にその
    うち主要なものが保存されています。(中略)徳川二代将軍秀忠や
    三代家光が寄進した華麗な金蒔絵仕立ての双神馬の絵馬をはじめ力作
    ぞろいです。(中略)猿若(中村)勘三郎の二代目が寛政四年(1664年)
    に奉納した大きな猿若人形絵馬。谷文晁(たにぶんちょう)の金箔押  
    地の上に筆勢鮮やかな駿馬の絵馬。(中略)歌川国芳の「一つ家」、
    二代歌川国輝の「陣幕土俵入」(中略)高橋源吉の「商標感得図」
    などの大絵馬は、錚々たる絵師の筆による見事な作品です。(後略)
              
             ~ 大絵馬寺宝展と庭園拝観 チラシ ~


   絵馬といっても、我々の知るものと大きさが違います。
   100号の絵画くらいの大きさの絵馬であります。
   江戸時代は鮨も今より大きかったですから。
   大絵馬も良かったですが、個人的には明治時代の工芸に惹かれました。 


   五重の塔とスカイツリー 庭園案内
   五重塔とスカイツリーの2ショット。


   回遊式庭園は約1万㎡の大きさで、寛永年間に茶人、小堀遠州によって築庭
  されたといわれます。 


   しだれ桜 2
   満開のしだれ桜。被災した方々にも早く春がきますように。


   しだれ桜 1 しだれ桜 3
   バックは伝法院。

   伝法院 本坊
              浅草寺本坊 伝法院の内部。

   休憩所 鯉
 休憩所?当日はお茶がふるまれていた。 大物は濁った水の中にいる?



   五重の塔
  花筏(湖面に散った桜)の背後に五重塔。おや?五重塔の左上にUFO!


   池 2
  日本庭園ですからポジションによって風景が異なります。


   スカイツリー
  こちらはスカイツリー。完成したスカイツリーから伝法院の庭を眺めたらどんな
  感じかしらん。








スポンサーサイト

都市 | コメント:0 |
<<統一地方選から見えてくるもの(前編) | ホーム | やっぱり来たか!道州制推進!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |