素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

あと3日・・・みんなで無事を祈りましょう。

 
 ゴダールについては1拍おくとして、「そんなことあるもんか」と
思いつつ気になることを書きます。

 近々、人工大地震がくるそうです。
 くわしくは、こちら。(9/19 「重大情報」の記事)

  地震ならともかく、人工大地震なんていきなり言われても。
ごもっともです。
 人工地震とは、地震兵器(HAARP)による地震のことです。
 
要するに電磁波兵器です。

 四川大地震はHAARPによる可能性が濃厚だそうです。
こちら(なぜか埋め込み拒否だから、張り付けます。)

  70年代、米ソ軍事交渉の際、核兵器とともに「地震兵器」を
互い使わない旨、合意したと聞いております。
 そもそも「地震兵器」のパテントが登録されているという。

 地震兵器(HAARP)は、陰謀論者だけじゃなくて、「切った張った」の
リアルな勝負している金融マンも結構知っています。
 いわば「公然の秘密」です。
 TVでハマコー先生が「(米軍に非協力だと)日本に3発目の原爆が落ちるぞ!」
と恫喝したことがあります。まさか原爆のはずがなく、HAARPによる攻撃の
ことです。当然、ハマコー先生も御存じです。

 アメリカの失業率は10%前後で公表されているけど、クリントン時代に基準を
変えちゃったわけで、1年以上失業の人はカウントしないという。
  クリントン以前の基準で算定すると20%超えているという。
  そうじゃなきゃ、ワシントンに200万人のデモが押し寄せないでしょう。

  米国マスゴミでは200万人が「数万人」と隠ぺいされ、日本のマスゴミじゃ一切報道されないけど。
 そんな状況だから、アメリカ(≒パパブッシュ一派)は苛立っている。
 「だまって米国債買えばいいんだ!言うこときけ!」と。

 そう言いながら、私は21日、都内に出向く用事があるので行きます。
 例え、人工大地震攻撃があるとしても東京(首都圏)ではないと考えるからです。
 まずは、原発のある地方でしょう。それでも言うこと聞かないなら・・・。

 状況分析すれば、ブログにあるように地震攻撃されても全然不思議じゃない。
 今日は含めずに連休はあと3日。
 みんなで、予測が外れることを祈りましょう。



スポンサーサイト

お知らせ | コメント:0 |
<<ゴダールが教えてくれた VOL.2 | ホーム | ゴダールが教えてくれた>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |