素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

意外な同級生(前編)

   前回、年表を繰っていたら、全然、無関係な事柄が同じ年の事象、すなわち、“同級生”で
  あることに気づいた。それらをいくつか取り上げます。

  〔1952年〕~ 日本電電公社とジョン・ケージと鉄腕アトム ~
  
    日本電電公社(現NTT)が発足した年に、かのジョン・ケージ「4分33秒」が発表された。
    電話じゃ、ピンとこないかもしれないが、ネットで“固まった瞬間”は、まさに「4分33秒」
   で何も起こらない。そういう瞬間は「決定的瞬間」かもしれない。(H・C・ブレッソン「決定的
   瞬間」も本年)TVアニメ版は63年でも、「鉄腕アトム」のマンガ連載開始は52年。
    アトムは子供向けのようでもSF、現代音楽とSFはそんなに遠くない。50年代は現代音
   楽は花盛りでありました。現代音楽とはチト違うが、冨田勲は後に手塚治虫原作「リボンの
   騎士」の音楽を担当する。(もっとも現代音楽が親和性を示すのは怪奇映画だけど、そう、
   ホラーじゃなくて怪奇映画)日本の世間一般では、美空ひばりの「リンゴ追分」が流行り、
   白井義男のボクシングの世界タイトル奪取に沸き立っていた。


  〔1955年〕 ~自民党とディズニーランドとギネスブック~

    まず関連の近いところから言うと、自民党が結党されたこの年、トヨタのクラウンが発表
   された。
    「いつかはクラウン」とその後、田舎の村長さんや校長先生が心の中で呟くようになる。
    「いつかはクラウン」と呟くベタな保守層が自民党の支持層。
    
    ギネスブックはもっと古くからあるのかと思っていたら、そうでもないんだね。
    同様に戦前からディズニーがあるので戦前からあると思っていたら、ディズニーランド
   も自民党と“同級生”。ケンタッキーフライドチキンが全米でフランチャイズ始めたのも
   この年。そうそう、若い人はご存知ないかもしれないが「船橋ヘルスセンター」が
   オープンしたのも55年。(今じゃ「ららぽーと」だけど) 
    自民党もディズニーもギネスブックもケンタもしぶとく生き残っているけど、「船橋ヘルス
   センター」は消えてなくなった。その他、55年生まれで今も生き残っているものは、グレン
   グールド「ゴールドベルク協奏曲」。グレングールドで思い出したが、カラヤンがベルリン
   フィルの終身主席指揮者兼芸術総監督になったのも55年。
    カラヤンの在任中(55~89年)は、ほぼ「ロックエイジ」と重なる。
    「ロックエイジのカラヤン」 ――― 何の関係もないようで関係ありそうなんだけどな・・・。

    
  〔1958年〕 ~NASAと東京タワーとボサノバ ~ 

    55年(昭和30年)が大転換の年であったのと同様、この年も東京タワーの完成という
   エポックメイキングの一年でした。でも、東京オリンピック(64年)に向けて東京の風景
   が一変する前でもありました。天皇陛下(当時皇太子)ご成婚の頃(59年)、多くの道路
   はまだ舗装されていませんでした。
    58年というより昭和33年といった方がいいのかもしれない。― 「3丁目の夕日」の世界
    
    東京タワーと“同級生”の国民的スターがいます。
    長嶋茂雄がプロデビューしたのがこの年。東京タワーと長嶋さん同様、この年生まれで
   今も残っているのが、インスタントラーメン、ソニー、ダイエー、半分忘れさられたのが
   月光仮面。

    東京オリンピックに備えて?いやテレビは普及させるため?NHKの全国ネットがこの年
   に完成する。東京オリンピックの64年は、モーグシンセサイザーがつくられた年でもあり
   ます。シンセサイザーそのものは52年、電子音楽は50年にケルンで産声をあげている。
    モーグシンセサイザーに魅せられた冨田勲が東京オリンピックの次の日本のビックイベ
   ント、大阪万博(70年)シンセサイザーを奏でる。冨田のシンセに釘付けになった
   小室哲哉少年が90年代に日本の音楽シーンで一世風靡する。昨年知ったのですが、
   大阪万博は冨田勲だけではなく、電子音楽の祭典でもあったのです。
   (あたしゃ、万博に連れていってもらったのですが、「そうだっけ?」というくらい
    印象にありません。何が一番印象に残っているかというと、スクリーンプロジェクト
    をバックにパントマイムするチェコの「ラテナマジカ」であります。)

    例によって脱線しましたが、「3丁目の夕日」的世界とは全く無縁なところ、海の向こう
   ではNASAが設立され、アントニオ・カルロス・ジョビンとジョアン・ジルベルトによって
   ボサノバが始まったのが58年でした。

                     (つづく)


   
惑星
 我々世代で「ジュピター」といえば、平原綾香
 ではなく、冨田勲の「惑星」の中の一曲。
 コンピュター打ち込みではなくアナログシンセ 
 は音の厚みが違うと親友 I が言うので約30
 年ぶりに我が家で視聴する。ビックリした。 
 これを手作業で作りあげた冨田はエライ!




 
スポンサーサイト

歴史 | コメント:0 |
<<意外な同級生(後編) | ホーム | ラララ科学の子(後編)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |