素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

意外な同級生(後編)

 



  〔1965年〕 ~文化大革命とミニスカートと11PM ~ 
   
    59年にマリークアントがミニスカートを発表しているようだが、流行し始めたのはこの
   年、クレージュによるものらしい。 
    ファッションに「革命」が起きたので中国も文化大革命?そんなことはないでしょ。
    確かにこの年、スチューデントパワーは炸裂し始めましたが、中国の場合、「革命」とい
   うより単なる破壊です。
    儒教、仏教等伝統的なものは何でも「片っ端からぶっ壊してしまえ」というものです。
    この「文化革命」によって、私は毛沢東がヘビ族のエージェントであるという言説を確信
   するに至った。これより少しばかり発展させるなら、「資本主義 VS 共産(社会)主義」と
   いう冷戦構造のインチキも丸見えになります。

    ミニスカートがブレイクしたこの年に、TV番組「11PM」が始まったのは何とも象徴
   的であります。
    そんな軽佻浮薄な風潮はものともせず、高倉健が「網走番外地」で気を吐きます。
    網走の凍てつく大地にもフリーダイヤルがあったなら、シャバのあの娘(こ)と長電話
   できたのに・・・・。
    日本にはなくても米国では65年にフリーダイヤルが普及し始めます。


  〔1966年〕 ~ウルトラマンとモッズとウーマンリブ~

    ウルトラマンが放送されたこの年、ガキだったあっしにはわかりませんでしたが、
   イギリスではモッズファッション、ミリタリーファッションが流行しました。
    モッズ、ミリタリーファッションというと、「踊る大捜査線」の青島君であります。
    イギリス人がこのドラマ、映画を観たら何と思うかしらん。
    「日本じゃ今頃、モッズファッションが流行っているのか」とか何とか。


    64年、米国で勃興したスチューデントパワーは、65年の米国北ベトナム爆撃(北爆)
   を受けて、ベトナム戦争反対運動に展開するだろう。日本でも65年、ベ平連の初デモが
   開始される。そんなカンターカルチャーの下地が出来上がった頃合いを計るが如く、
   登場したのが、ベティー・フリーダン率いるNOW(全米女性機構)であります。
    米国のみならず、欧州でも66年はウーマンリブ運動が盛んになった。
    (ウーマンリブなんて今や死語か)
    
    いや、ホントこのあたりの展開は全てタヴィストックのシナリオどおりでしょう。
    これらを理解すると、若きビル・クリントンがベトナム反戦をリードすべく
   ミッションを与えれらえたという「2重人格的作戦司令」も腑に落ちるというものです。

    ウルトラマンの日本に戻ります。
    翌年放送された「ウルトラセブン」の内幕もの、市川森一作「私が愛したウルトラセブン」
   では、ベトナム戦争反対の米国脱走兵に怪獣の着ぐるみ着せてポインター(地球防衛軍
   の車両)で米軍の検問突破しようとするシーンが印象的です。
    ~ 事実かフィクションは知りませんが~ 

    そんな1967年、日本は「情報産業研究部会」が発足します。この時をもって日本
   の“情報元年”とするようです。
    オールナイトニッポンが始まったのも67年であります。深夜放送そのものさきがけは、
   59年の文化放送です。情報インフラが整えば情報化時代というわけではなく、
   私はラジオ、特に深夜放送を基礎にする部分は小さくないと考えております。
    国(通産省)も情報立国をめざして、60年代後半に動き始めました。
    日本の情報立国?それは90年代初頭、TRONの挫折によって霧消するだろう。
    
    原子力も古い技術ですが、太陽光発電も同様に古い技術です。
    太陽光発電とはやや違うが、54年に太陽電池ができているのですから。
    60年代後半、通産省が「未来の絵」書いたように、経産省は「21世紀の絵」、
   例えば、21世紀のエネルギー政策の大胆な転換をやってもらいものです。   
    TPPなどという愚にもつかないものにかまけているヒマがあるなら。

                         (了)

情報の歴史
松岡正剛氏と編集工学研究所の労作。
世界中、どこを探してもない歴史年表。
多色刷り、440頁、税込5607円を高いという
人もいるだろうが、私には安い買い物。
この年表を自前で作るとしたら、何百冊、いや
何千冊か必要だろう。

ぺらぺら眺めていると、頭の体操になります。   

  

 
   
スポンサーサイト

歴史 | コメント:0 |
<<久しぶりに「TVタックル」を観る(前編) | ホーム | 意外な同級生(前編)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |