素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

朝生「脱原発と日本」(中編)

 


 〔科学より人の問題!?〕

   「3.11」以前にも、「朝生」では原発推進派と脱原発派の討論が行われた。
   どうもその際は、原発事故の可能性(安全性)をめぐって「科学」に力点が置かれた議論
  がなされたように思う。もちろん、「科学」以外の視点でも討論されたが、やや踏み込みが
  甘かったように思われる。
   今回は、「科学」以外の視点が鋭く問題提起された。

   田原氏曰く、

    「GEの導入を決めたのは東電の木川田さん。木川田さんは、原発は悪魔だ。
     絶対に入れないと言っていた。その木川田さんが悪魔と手を組むといった。
     なぜか?日本の電力会社と政府はずっとケンカしていた。戦争中は国営、
     戦後は松永 安左エ門が中心になって、9つの電力会社にした。
     以後、ずっと政府と電力会社は主導権争いが続いた。
     原子炉の導入が決まった、ほっといたら、政府が導入する。
     むこうが主導権を握る、だからこっちがとる。
     安全とか何とかじゃない。」


   これを受けて飯田市が補足する。

    「原子力村と呼ばれる人々は旧・科学技術庁、動燃派と旧・通産省・経産省、
     電力会社派がります。東海村の原子力開発機構(注)には4000人います。
     東電が人が足りないとか言っているらしいが、彼らも本来事故処理に当たる
     べきです」

      (注)・・・動燃を統合再編して2005年10月に設立された。

 
   まあ~、昔とかわりませんな。
   旧・科技庁派の動燃を母体とする原子力開発機構は、電力会社の事故には手を
  貸さないというわけです。

   原発事故現場は「戦場」であります。
   戦場でやれ陸軍だ、いや海軍だとやっていた頃と変わらないじゃないですか。
   特に情報(インテリジェンス)に関して潜在的な情報量は多かったのに、やれ陸軍だ、
  いや海軍がとやっていて統合されず有効に機能しなかった状況によく似ている。

   このような原発村について小沢氏は何と言っているのだろうか?

    だいたい、原発で食っている連中をいくら集めてもだめだ。皆、原発のマフィア
    だから。あなた方もテレビを見ていただろう。委員だの何だの学者が出てきて、
    ずっと今まで、大したことありません、健康には何も被害はありません、
    とかそんなことばかり言っていた。原子力で食っている人々だから、
    いくら言ったってだめなんだ。日本人もマスコミもそれが分からないのだ。
    日本のマスコミはどうしようもない。

                   ~ 引用 WSJ日本版 ~
 

    どちら派でもどうでもいいと、「原発マフィア」はっきり言っちゃってますな。
    こういうこと平気で言うからマスゴミらに総攻撃される。

   現在、福島第一原発に設置されているGEの原発(1~5号機)の格納容器はマーク1
  で米国でも問題ありとして元技術者が内部告発したものです。
   (GEは現在、マーク3.5が主流だそうだ)
   GEのマーク1は問題があるにも拘わらず、すべて開示されておらずブラック
  ボックスがあるとか。

   青山氏によれば、「マーク1のブラックボックスについて開示するようにGEに迫った
  のは政府でも官僚でもなく、警察庁の人だ」そうだ。(GEは開示拒否したらしいが)
  
   自然災害による原発事故にはPL法は適用除外かと思っていたら、そうでもないらしい。
   片山女史がGEに対してPL法に基づく提訴の可能性を仄めかしていた。

   「科学の子」が原発の安全性、効率性を主張するのは結構だが、今やそれだけ
  では完全に時代遅れ。

   飯田氏も明言した。

    「補助金と技術開発による発電は古い」と。

                          (つづく)
   
 
      

スポンサーサイト

原発事故 | コメント:0 |
<<朝生「脱原発と日本」(後編) | ホーム | 朝生「脱原発と日本」(前編)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |