素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

江戸三十三箇所 第十六番 安養寺(前編)

  


  
  《安養寺》

              山 号:医光山
              院 号:長寿院
              寺 号:安養寺
              御本尊:薬師如来、十一面観音
              宗 派:天台宗




   久しぶりのお寺巡りであります。 
   この度のお寺、安養寺の開基は慈覚大師円仁でありまして 天正 19 年 (1591) 徳川家康
  公築城の時、 城内平川口より田安へ換地され、その後天和3年 (1683) 4月現今の神楽坂
  に移ました。
            ~ 安養寺HP ~



   安養寺 交差点 江戸三十三 

 
   聖天堂
                       聖 天 堂


  歓喜天 薬師如来

   ご本尊薬師如来とともに鎮座する大聖歓喜天、すなわち歓喜天は、ヒンドゥー教から仏教
  に取り入られるに伴って、仏教に帰依して護法善神となったと解釈される。
   もともとは異教の神であったわけで、十一面観世音菩薩の導きによって仏教を守護し財運
  と福運をもたらす天部の神とされたようです。
   そのためか、密教寺院で歓喜天を祀る際には、単独ではなく十一面観世音菩薩とともに
  祀られることがほとんであります。 

  薬師如来
           この上に本尊薬師如来が鎮座します。


  安養寺 掲示板 安養寺 庭

   それにしても「安養寺」は全国的にたくさん存在します。
   宗派をとわず、もっとも佛教寺院らしい名前なのでしょうか。

                                 (つづく)








スポンサーサイト

都市 | コメント:0 |
<<江戸三十三箇所 第十六番 安養寺(後編) | ホーム | この夏、米国はデフォルトする!?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |