素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

あやしい!レディー・ガガ訴訟

   



   ご存知のようにレディー・ガガが提訴された。

   この手の訴訟は有名税とか言われているが、国際弁護士の湯浅 卓氏は、

    「米国におけるインターネットがらみの損害賠償は巨額になるのでガガさん
     サイドは甘くみてはいけない」

   とコメントしていた。
   
   マイケルジャクソンも膨大な訴訟を抱えていたわけだが、その多くの裏で糸引くのは
  “裏切り者”マイケルを攻撃せんとしたイルミナティーだろう。
   それでは現役イルミナティーの広告塔、ガガの場合はどうなのか?
   反・イルミナティー勢力の差し金?
   どうでしょう、情報不足でよくわかりません。
   単に有名人から「金をふんだくってやろう」ということかもしれません。

   それにしても問題のリストバンド、東日本大震災発災の3月11日には発売されたとか。
   アメリカ時間とすると、1日ずれるのかな。
   でも、早すぎると思いませんか?
   インドネシアの津波の前、米国艦隊が援助物資積み込んで近海に控えていたみたいじゃ
  ないか。

   訴訟の真相はわかりませんが、図らずも「やっぱりそうだったのか」とわかってし
  まった一件でした。



ウワサの真相
 「ウワサの真相」 
 米国大統領のスキャンダルに対する国民視線
 をそらすため無理やりアルバニアとの戦争を
 でっち上げるスピン・ドクター(R・デニーロ)。
 あの手この手で“架空の戦争”をそれらしく見せ
 るのはハリウッド・プロデューサー役はD・ホフ
 マン。愛国心を盛り上げる歌手はウィリー・ネル
 ソンが担当。「9.11」のチャリティーの時、
 ウィリー・ネルソンが登場した時は、思わず
 笑ってしまった。




  



スポンサーサイト

メディア | コメント:1 |
<<「頼むよ~!ホントに!」のその後 | ホーム | 「砦なき者」から先へ(後編)>>

コメント

このブレスレット、私買いました。4月3日にアメリカのbravadusaに注文し、配達されたのが6月過ぎでした。ほかにもTシャツなど注文していたのですが、ここの担当者は勝手にこちらの注文を予告なくキャンセルしたり、追跡番号が設定されているのに知らせなかったり、問い合わせのメールを1週間以上放置したりと、社会人としてユルすぎです。私の担当者も、その上司もそうでしたから会社としてユルいんでしょう。訴訟を起こしたい気持ちも理解できますが、ガガやユニバーサル映画の名前を使っている以上bravadusaこそもう少し慎重になるべきだと思います。
2011-07-01 Fri 00:46 | URL | 宇宙人ホーカ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |