素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

1年ぶりのジェイさんの講演(中編)





◎ 国は分割統治、地域はブロック化・・・そして世界政府へ

   以下、ジェイさんのHPに記載されていることや既知のことが語られる。

    ○ 州知事評議会創設に関する大統領令

    ○ テキサス協定

   州知事評議会創設に関する大統領令は、民主・共和両党各5名ずつからなる計10名の
  アメリカ州知事評議会で分割統治することらしいが、その10の分割地域がFEMA
  (緊急事態管理庁)の非常時(内乱時)の分割統治計画の10分割地域とピタリ符合
  するということであります。
   詳しくはジェイのHP「神と悪魔の狭間で・・・」を見て下さい。

   もちろん、これらは日本のマスゴミでは一切報道されない。
   だいたい、「FEMA」って何よ?という方もおられるかもしれないが、NHK-BS
  などにはタマに出来てくる。大きな山火事や竜巻、台風に米国が見舞われた時に、黒い
  警備服を着たおじさんが出てくる。いかにも緊急事態に対応する組織という印象だけが
  日本の一般視聴者には刷り込まれる。
   もちろん、FEMAがそんな存在ではないことはネット賢人は先刻承知のことであり
  ます。強制収容所、周辺に並べられた棺桶は何を物語るのか?
   米国内乱 ⇒ 戒厳令はだいぶ以前より伝えられることだが、わざと圧政を強い
  て内乱・内戦が起こるように誘導してとしか思えない。
  
   反乱軍総司令官(変わってなければシュワルツコフ)もそのくらい百も承知なのでなか
  なか動けない。


   テキサス協定は、アメリカ、カナダが市民暴動が起こった際に相互の国に出動すると
  いうことを決めた協定です。(2011年2月14日)
   米軍は自国民に銃を向けられないのでカナダ軍が担当するということらしい。
   経済的にはNAFTAからSPPを経てNAUと北米は連携を強めてきた。
   今回は避けられたが、米国が倒産すればどうしたって北米はブロック化するだろう。

   国は全米50州を10のブロックにまとめて分割統治、国を超えて北米は一体化。
   何かを思い出すね~!もちろん、日本の「道州制」(≒地域主権)のことであります。
   日本の道州制論者は、官僚機構の効率化、地域経済の活性化等を声高に叫ぶが、あく 
  までも国内閉鎖モデルで考えている。いやや海外と地方のダイレクトな経済活動を考えて
  います、とかなんとか言うんだろうな。
   そうではなくて、中国に日本を飲みこませようというシナリオがあるのに、国を弱
  体化させて、ブツ切りにして飲みこませやすくしてどうすんだよ!と私は言いたい。

   (このシナリオについては、「ジェイさんの講演に参加・中編」 「同・後編」参照)

   そんなものそもそもあるもんか!とお思いの方もおられるだろうが、時に事態は様々
  な事象はことごとく捨象し、薄っぺらい事実を追った方がよくわかる。
   
   ヨーロッパは、

    EEC(1957年)⇒ EC(1967年) ⇒ EU(1993年)
  

   北米は、

    NAFTA(1994年) ⇒ SPP(2005年) ⇒ NAU(2008年)


   という具合に「関税の自由化]⇒ 「経済統合」⇒「政治統合」へと漸次統合されて
  きたことをジェイさんは強調する。さらに国際金融資本が目指しているのは

   どう考えても世界政府です。

   と結論づけた。
   世界政府の下に北米、南米、ヨーロッパ、アフリカ、アジアなどのブロック化された
  地域が存在することなる。
   J・オーウェルの「1984年」のユーラシア、オセアニア、イースタシアの世界。
   いまだに「それはSFの世界で・・・」という方にはこの言葉を贈ろう。

   英国の歴史学者にして王立国際問題研究所理事のアーノルド・J・トインビーは
  1931年に既にこう述べている。

    我々は現在、地域にとらわれた世界の国々から「主権」という名の奇妙な
    政治力を奪取する取り組みを、慎重に、かつ全力で行っている。
    そのことを改めて述べるにとどめておこう。我々はこのような取り組みの
    存在については、表向きは否定し続けている。
          
     ~ ヘンリー・メイコウ著 ベンジャミン・フルフォード監訳・解説
     「『フェミニズム』と『同性愛』が人類を破壊する」~
     
  
   つくづく、彼らは長期計画なのであります。
   
   世界政府樹立のためには、アジアもまとめる必要性があるのです。
   アルゼンチンが国家破綻し、隣国ブラジルが勃興したのも、韓国がIMF管理下に
  なり中国が世界第2位の経済大国にのし上がったのも偶然ではないと思います。
   韓国は復興しましたが、北朝鮮を崩壊させれば難民が押し寄せ低迷します。
   アジアをまとめるのに邪魔なのは日本だということになるわけです。
   
   世界政府樹立から逆算すれば、事態の見通しが変わります。

                             (つづく)
   




   



スポンサーサイト

環境・エネルギー | コメント:0 |
<<1年ぶりのジェイさんの講演(後編 その1) | ホーム | 1年ぶりのジェイさん講演(前編)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |