素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

世田谷で・・・、横浜で・・・、でも、もっと怖いのは・・・。




   世田谷区鶴巻で1時間当たり2.7マイクロシーベルトの線量を放つホットスポットが見つ
  かり、改めて精密に検査したみたら、地表面から1mで1時間当たり3.35マイクロシーベ
  ルトの線量であることがわかった。

   横浜市港北区ではマンションの屋上の堆積物から1グラム当たり195ベクレルのストロン
  チウムのが検出された。ストロンチウムは半減期が約30年で骨に蓄積されると白血病をひ
  き起こすことから、プルトニウムと共に恐れられている放射性物質だ。
   
   それにしても福島第一原発からそれぞれ約230km、約250km以上離れている世田谷
  横浜でなぜ、こんな高線量の放射性物質が検出されるのだ。と世間では言われている。
   3月、福島第一原発が水素爆発等した際は、一種、核爆発と同じで原発から200~300
  km離れていてもこれら放射性物質が、天候、気流、地勢等で堆積しても不思議ではない。
   今一度、チェルノブイリ、福島第一原発の放射能汚染範囲を見てみよう。


新チェルノブイリ


福島汚染

 

   どちらも原発からの距離はひとつの目安にしかならず、200kmでもかなり汚染されて
  いる地域もあれば、100km未満でもほとんど汚染されていない地域もあります。
   これら一連の放射能汚染で「なぜ」と冠するなら、「なぜ、今頃、これらが検出され、
  騒がれるようななったか」ということであります。
   別に7~8月だって汚染状況はさして変わらないだろう。
   なぜ、このタイミングで検出され、マスゴミが騒ぎ出しているのか?
   なんでもストロンチウム測定はセシウムとは別装置が必要で、しかも厳密に調査するには
  セシウムよりさらに時間がかかるという。
   つまり、消費者が「セシウムが怖い、怖い」と騒ぎだすと、農産物の検査対象は
  セシウムだけでなく、ストロンチウムまで及び、時間とコストがかかるわけです。

   これらのコストはやがて多少なりとも価格に転嫁されることになるだろう。
   危ないうえに値が張る食品は敬遠されることになる。
   だったら、安全で低価格の輸入農産物をもっと入れるべきだということになりはしないか?
   狂気の「TPP推進大合唱」が叫ばれる昨今、あまりにタイミングがよろしいですな。
   とここまで打ったら、世田谷の問題の家の縁の下から30マイクロシーベルトを放出する
  ビンが見つかった。高濃度の放射線を発するがラジウムだそうで、原発からは出てくる物質
  ではないそうだ。やっぱりな、クサイと思ったんだよ。これは間違いなく工作員による工作
  だね。

   

   放射性物質も恐ろしいが、もっと恐ろしいはTPP導入後の日本だ。
   安いけど遺伝子組み換え農産物がどさっと入ってくる。
   世間一般は、遺伝子組み換え農産物に漠然たる不安を抱いている程度だろうが、優生学
  に基づく人口削減を進めたい連中と穀物メジャーは連なるのだ。
   害虫に強いとか、甘いとか表面上はその手の目的で遺伝子組み換えが行われて
  も、隠れた意図は明瞭だ。人口削減、すなわち発病率の上昇、もしくは低能化だと
  容易に推察できる。
 
  この企ては既に行われていることで、現在の男性の精子の数は50年前の約半分だそ
  うだ。これは単なる自然現象だけでは説明がつかないことだ。

  
   TPPが導入されれば、真っ当な和食は崩壊するか、超高級料理になってしまう
  だろう。

   約25年、グルメ番組が続いているが、本当に「食」を愛するなら、TVマンはTPP
  スルーしてアホ面したタレントたちのグルメ番組をあいも変わらずたれ流している場合では
  ないだろう。







スポンサーサイト

原発事故 | コメント:0 |
<<親友 I の個展 | ホーム | マスゴミ交代 16 「マスゴミ交代の狼煙となるか?電通部長逮捕!」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |