素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

江戸三十三箇所 第二十番 天徳寺 後編 


   
   それでは、虎ノ門界隈を歩いてみましょう。
   「霞が関」が中央官庁の別称なら、「虎ノ門」は特殊法人のことを指すという。


印刷 日本ガス協会
      国立印刷局             建築中の日本ガス協会ビル


砂場 岡埜栄泉堂
  そば処砂場。大阪屋というんだね。   こちらも甘味処の名店「岡埜栄泉堂」。


金刀比羅宮 大倉集古館
 金毘羅宮 境内隅の喫煙スペースは   大倉集古館 実業家・大倉喜八郎の
 近隣喫煙者のオアシス?          コレクションからスタート。
                           国宝3点他重文多数所蔵。

愛宕山神社 愛宕山 階段上
 愛宕神社の「出世の階段」。         ハアハア!ゼイゼイ!息を切らせて
 かなり急こう配です。              登りつくとそこには・・・。



NHK放送博物館



  愛宕神社横にはNHK放送博物館が。
  これが「出世双六」のゴール?
  そんなアホな!
  



  虎ノ門から新橋までで一番興味があったのが通称「マッカーサー道路」、すなわち
  東京都市計画道路幹線街路環状第2号線のうち虎ノ門 ~ 新橋間の計画道路であります。
  「マッカーサー道路」の由来はGHQ占領下から計画されていた計画道路だからです。
  60年間、「塩漬け」されたままだったが、2003年に事業化され、2013年に
  環状2号のうち当該部分が開通が予定されている。
  ところが・・・・、この「マッカーサー道路」なる名称は、間違いであると判明したそうです。
  GHQはそんな計画には関与しておらず、この道路の計画は後藤新平時代に既に計画
  されたそうだ。すなわち「マッカーサー道路」ではなく「後藤新平道路」。

  環状2号線の全域は東京都江東区有明2丁目から港区新橋、新宿区四谷を経由し千代田
  区神田佐久間町1丁目に至る都市計画道路です。


マッカーサー道路 海方向
  第1京浜方面を望む。奥に見えるは新橋・汐留のビル群。


マッカーサー道路 事業ビル マッカーサー道路 側面
虎ノ門街区の事業ビル? 


マッカーサー道路 岡方向
第一京浜方面から虎ノ門方面を望む。


マッカーサー道路 俯瞰1
地上からではよくわからないのでビルから展望。


マッカーサー道路 俯瞰2 マッカーサー道路 俯瞰夜景
角度を変えてもう一発。             夜景もナカナカです。


                                        (了) 
  






スポンサーサイト

都市 | コメント:0 |
<<朝生 「 橋下 徹 vs アンチ・橋下」  前編 | ホーム | 江戸三十三箇所 第二十番 天徳寺 前編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |