素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

やっぱりか!橋下 徹! 中編



 ◎ 大阪都構想 ~ 道州制

   大阪都構想は橋下市長、及び大阪維新の会の喫緊にして最も重要な政策課題であり、
  道州制につながることから、橋下氏本人にその熱き思いを語ってもらいましょう。

    どんなに首相を代えようが、新しい政策を出そうが、明治以来続いてきた社会
    システム や統治機構、すなわち体制を変えない限り、政策は絶対に実現でき
    ません。     (中略)              
     でも、今の国の統治機構は大きすぎる。
    野田首相が八ツ場(やんば)ダム、普天間移設、原発、震災復興、消費税、
    社会保障にTPPもやるなんて絶対無理です。仕事があまりに多い。
    だから、国がやることと地方がやることをきっちり分け、それぞれを機能させる。
    国の仕事を絞り込み地方に自立してもらう。従来の体制を変えることが政治家の
    仕事です。
                  ~ 朝日新聞  以下同様 ~
   
 
   明治以来のシステムに切り込むことには歓迎だがなまなかではない。  
   その点本人も承知しているようです。

    道州制も大阪都構想も、僕が主張しているのは、日本の統治機構、政治や行政の
    システム全体を変えようという話です。これまで出来なかった既存政党の人たち、
    既得権益の代表者たちにできますかね。本当にやろうとしたら、今の体制でよい
    人たちと大バトルになりますよ。

                 
   そうは言ってもそんなに時間をかける気はないらしい。
   自分の賞味期限は市長在任中の4年であると期限をきって続ける。

    最終的には道州という形で、日本が八つから九つの地域で自立していくという
    モデルがゴールだと思いますが、5年、10年かかるんじゃないですか

 
   明治以来のシステムを5~10年で変えるというのだからこれは大変だ。
   
   何だ橋下支持かいな、お前(私)は反「地域主権論者」ではなかったのか!
   宗旨替えかいな!
   いえいえ、私は大阪都構想には成功してもらいたいです。
   でも、道州制(関西州)はうまくいかないと思います。
   効用、メリットもあるでしょうが、負の側面が露わになると考えます。
   道州制のマイナスのアナウンス効果を発揮してもらえばいいのです。
   何とも屈折していますが、それで道州制をあきらめてくれる人が増えてくれればと橋下氏
  には期待しています。




 ◎ 競争政策

   正確に言えば、橋下は単純な新自由主義者だとは言い切れない。
   自由競争の結果、生じた格差の是正をも考慮している。
   本人は「事後調整型の格差是正」と述べている。
   因みに戦後復興から今までは事前調整型社会、これからは事後解決型社会へと移行し
  ていくようだ。
   事後解決型社会とは何か?
   何かあったら訴訟で解決しましょ、ということであります。
   弁護士会のこともちゃっかり考えている(苦笑い)。
   
   チト脱線したが、橋下氏が額面どおりの新自由主義者と言い切れないとしても、
  競争至上主義者であることは間違いない。
   国民に何でも「選択」、「競争」を強いるのは酷なのでは?と問われて彼は答える。

    国民の覚悟が必要です。その号令をかけるのが政治だと思います。
    付加価値の創出は、努力がすべてだと僕は思っています。とことん能力を発揮
    してもらう。そこには規制はかぶせない。いったんは格差が生じるかもしれません。
    でも、所得の再分配もしっかりやります。また、格差を世代間で固定させないため、
    最高の教育をタダで子どもたちに受けさせる。最低限の保障をすることは国の役目
    です。僕のやり方は事後調整型の格差是正です。


   橋下氏がどれくらいの経済成長を望んでいるかというと案外ハードルは低い。

    僕は少なくとも今のレベルを維持したいんです。

   このレベルすら「競争」しないといけないと力説する。
   
    東アジア、東南アジアの若者は日本の若者と同じような教育レベル、労働力
    になってきました。そのような状況で、日本人がラグジュアリーな生活を
    享受しようとするなら「国民総努力」が必要です。競争で勝たないと無理です。


   まあ~、橋下氏は競争至上主義者というより「競争教」の信者でありますな。
   橋下氏は、脱原発から新エネルギーにシフトするらしいですが、ここでも
  「競争!競争!」と尻を叩かれるのでありましょうな。
 
                           (つづく)

  
  





スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<やっぱりか!橋下 徹! 後編 | ホーム | やっぱりか!橋下 徹! 前編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |