素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

原発推進派保守を斬る! 中編



   
   中野氏は、反原発には左翼、若しくは左翼くづれが多く、軒並み反国家的な“ 戦後の人 ”
  であると述べている。かく言う中野氏をはじめ団塊の世代以降ほとんどが「戦後生まれ」で
  はないのかいな。

   表面上は終わったと言われながら現実は生きながらえているものの、既に役目を終えつ
  つある彼ら保守が保守せんとする「55年体制もどき」も戦後そのものではないかいな。
   いや違うぞ、戦前の「1940年体制」こそが我々が保守せんとするものだと反論するだ
  ろうか?総務庁から総務省となり、ネット規制に始まり、やがて言論統制に及ぶんだ、
  官僚はあくまでも堅持するぞ!まいったか!ワッハハハと言って下さいよ。
   それは「1940年体制」ではありませんな。
   対米完全隷属への道を歩む「1940年体制」なんておかしいでしょ。
   確かに彼ら保守派もこの点で分裂しているのだろうが、彼ら保守派の多数及び漠然とした
  自民党支持者はやはり「 55年体制 もどき」を保守せんとしていると思われる。

   戦後を概観する時、反国家の左翼ばかりではなく55年体制と原子力村の結託が
  見てとれると結論づけらるだろう。

   このあたり、過去記事(「ラララ科学の子」)から自己引用してみよう。

     原子力関連の予算がつき、原子力基本法が制定、原子力安全委員会が設置された
   時代、政治、社会はどんな状況だったか、少し概観しておこう。

   〔1954年〕 自衛隊設立。世間一般にはゴジラ、プレスリー、力道山の時代。
          
    ロックの時代はプレスリーに始まると言われるが、以後、Brandnew Single、Brandnew
    Albumが科学技術のイノベーションと呼応するがごとく、「時代」を塗り替えていく
    時代が始まります。すなわち、「モダン」がモダンらしかった時代だったのです。


   〔1955年〕 保守合同 ⇒ 自民党結党。55年体制始まる。

    この年、原子力基本法の制定、原子力委員会が設立されるわけであります。
   「55年体制」とは、原発開発を国策として推進することをも含んでいるのでしょう。
   日本ジャーナリスト会議が設立され、昔は「超合金」、今は「悪徳ペンタゴン」も
   「55年体制」、そのものでしょう。
   (56年には週刊新潮、58年には週刊現代、週刊文春、少年マガジン、少年サンデー
    が創刊されている)



   アメリカの決定的な変容(劣化)に無自覚な保守派は、高度成長から昭和元禄に到るあの
  時代が忘れられず、「何が悪徳ペンタゴン」だと思っているに違いない。
   たしかにビューティフルメモリーとしての「昭和」は、55年体制が築いたものだ。
   (55年体制ではなく自民党と言いたいところだが、強固な野党(左翼)の存在が保守
   を保守たらしめたという逆説に鑑みると、やはり55年体制といった方がよかろう。)
    でも、アメリカが変容(劣化)してからかれこれ20年も経ち、日本と無理心中しよう
   としているのに彼らはまだ気づかないのか、脳をやられていうとしか言いようがない。
    (もっとも、中野氏はこれにはあたらない。)

    55年体制は米ソ連戦時代であり、日本は中ソ共産圏への橋頭保にされた。
    将来的に核武装すべく原発を始めたのもわからなくはない。
    それは、核兵器を最終兵器とした前提に基づくものであって今や古い。
    外交ゲームで核兵器が重要なカードとなっても、現実問題として利用可能な最終兵器
   ではない。敵国を核攻撃するよりもっと効率のいい方法があるじゃないですか。
    
    そんなこと現実的ではない?
    いやいや、「3.11 人工地震」攻撃があったじゃないですか。
    中野センセは「人工地震は陰謀論もしくはトンデモ」とおっしゃるのでしょう。
    でも、サバタイ派などを研究することは陰謀論だから知識人(学者)はやっては
   いけないと考えることこそ自体が戦後的でありますぞ。

    公安調査庁第二部元部長・菅沼光弘氏のよれば、戦前はユダヤを中心に今日でいう陰
   謀論について深く研究されていました。(もっとも、知識人によってではなく主に軍人に
   よってですが)戦後は政・官・財界人でこれについて語ることはタブーになり、21世
   紀を向かえる頃になって復活し出しただけのことです。

    別に中野センセに限らず「戦後批判」する保守について回る矛盾はここに求め
  られるのです。



                  (つづく)


   PS.忘れるところだった。
      前回の動画で12分50秒過ぎ、原発事故は東電のオペレーションミスで
      起きたわけでないので云々と中野センセは言っているが、津波で電源喪失
      したと信じているのかいな。
      原発テロはともかく、東電が初動においてわずかに残った冷却システムを
      3度にわたり止めたことがメルトスルーの原因だと事情通なら誰でも
      知っているぞ。オペレーションミスでしょ。
      情報収集不足だな。「太平洋戦争を反省しない」とかほざいているから、
      またもや「情報戦」において敗れるのだよ。






   
  
スポンサーサイト

環境・エネルギー | コメント:0 |
<<原発推進派保守を斬る! 後編 | ホーム | 原発推進派保守を斬る! 前編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |