素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

ダメな千葉市ほど可愛い!? 後編



   
    “ 交通 ”とは物理的な問題ばかりじゃなく人の行き来をも意味するものです。
  地場産業関連でいえば千葉には老舗が少ない。“ 交通 ”が乏しいから老舗が潰れて
  しまうのか、老舗の集客力が弱いから“ 交通 ”が持続しないのか。生き残った老舗も
  バブル崩壊と共に滅びていった。そのうちの一つに私も携わったのだが、何ともさみし
  い思いがしたものでした。老舗と対になるともいえるのが旦那衆でありますが、千葉は
  どうも旦那衆に元気がないように思われる。
   腐っても市川、市川には3つ料亭があった。(今は2つか)
   (もっとも、木場の旦那衆が市川で遊んでいたようだが)
   千葉にも昔、通称 “ 蓮池 ”という花街に料亭が軒を並べたが、今や往時の姿を偲ばせる
  ものは乏しい。(もっとも、平成16年からは「蓮池まつり」という街おこしイベントが行われて
  いるらしい。) “ 蓮池 ” 全盛時は、芸妓たちと共に杵屋勝東治(勝新の親父)の三味線の
  音が奏でられたとか。
   
蓮池 芸者と旦那衆
                    蓮池芸者と旦那衆 
  

   地元企業の底力がないと街はしぼむ。
   千葉市の税収を上げたいなら、商業地を活性化させないといけなない。
   もっと端的に言うと商業地の地価を上昇させることに他ならない。

   (日本経済を復興させるには地価を上昇させるべしという考えは朝堂院大覚氏と通じる)
   換言するなら商業地の地価があって家賃が上がってもやっていけるほど企業が店舗が
  強くならないといけないということです。
   それが出来ないなら千葉市街地もやがてコリアンタウン、チャイナタウンになっちまう
  だろう。(栄町はもうコリアンタウンかもしれない)


   ここまでまとめると千葉市は地元企業(最近はポチポチ元気印も出始めたが)、“ 交通 ”
  が乏しい部分を「お上」(千葉市)がインフラ整備するとか企業誘致するとかしてやってきた
  市町村であります。
   だから経規模の割にはパッとしないしセールスポイントが希薄という結論に至る。

   それじゃ人材がいないかというとそういうこともない。
   千葉市出身者を列挙してみよう。
   
    〔文化人・芸能人〕

      椎名 誠  本宮ひろ志  市原悦子  永島敏行 植草克秀     
        
      木村拓哉  相葉雅紀   劇団ひとり マツコ・デラックス

      忍成修吾  PATA (X JAPAN)          
  

    〔スポーツ選手〕

      掛布雅之  石井一久  高橋由伸  川島亮 羽生直剛
 
      村井慎二  長塚京子  原田哲也(93年ロードレース世界チャンピオン)

      池田勇太  村主章枝
    
   
   彼らは千葉市に残らず出て行ってしまう。
   人材流失は「これでいいのか千葉市」でも指摘されている。
   地方から東京へ人材が流失してしまうのは少し前まで全国的傾向でありました。
   (地方都市は今やそうでもないこもしれません。)
   かつてはダサイタマでしたが、今や「彩の国 さいたま」で財団法人埼玉県芸術文化
  振興財団芸術監督は蜷川幸雄だし、埼玉スーパーアリーナはメッセよりも人を集めるだ
  ろう。他にも故郷・埼玉に貢献している人はいるだろう。
   千葉市出身者はどうなんだ。
   我々世代の千葉市出身の著名人といったら、医師・作家の海堂尊氏だろう。
   千葉市の中学・高校出身で現在の稲毛区の「放射研」に勤務している。
   風の噂では、千葉で行われる講演には結構協力的だとか。   


   海堂尊で思い出したが、千葉市は千葉大病院、国立病院(独立行政法人 国立病院
  機構 千葉医療センター)、重粒子医科学センター病院、青葉病院等医療施設は充実
  している。
   「これでいいのか千葉市」では「医師不足はいよいよ深刻だ」としているが、旧医専の
  千葉大医学部があるのだから、この人的資源を生かさない手はないと思うのだが、どう
  やら医療制度改革で医療においても人材流失が加速しているようだ。
   逆に流入してくる病院、クリニックも後を絶たず、JR稲毛駅周辺は実に多くの病院
  クリニックが存する。
   これからは医療、介護が重要であるとは周知であり、別に駅中心に街づくりしなくて
  もいいのではないか、病院中心の街づくりがあってもよいと考えてから久しい。

   千葉の商業地の活性化、セールスポイントはこのあたりにあるようだが、これは今後
  の課題としよう。
  
           (了)


蓮池 芸者
                     街を行く蓮池芸者







スポンサーサイト

地域活動 | コメント:0 |
<<江戸三十三箇所 第二十二番 長谷寺 (前編) | ホーム | ダメな千葉市ほど可愛い!? 中編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |