素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

江戸三十三箇所 第二十三番 大円寺 (後編)

  



   今回はどこへ行きましょう。
   第八番 清林寺、第九番 定泉寺、第十番 浄心寺の際は、本郷、根津、千駄木界隈に行き
  ましたので、今回は千駄木、谷中界隈にします。


  旧安田邸 団子坂 京
   旧 安田楠雄邸                団子坂裏の京表具店「白雲洞」
   安田財閥の創始者・安田善次郎の     最近、「和」の造作に興味がある私。
   孫・楠雄氏の邸宅

  団子坂 紳士 中尾彬
   ロンドン五輪の法華津さんに負け     このお方が歩いていてもおかしくは
   ない「ミスターダンディー」団子坂     ない。最近はネジネジがパシュミナ
   を行く。                    として流行っておりますな。

  酒屋 大名時計博物館
   古い酒屋が絵になります。            大名時計博物館

  谷中 外人
                  谷中を行く外人さん御一行様



  朝倉彫塑館 祈願堂
  今回の目玉になるはずだった朝倉      絵馬のお店「祈願堂」   
  彫塑館は改装中。

  浮世絵 尺八
  浮世絵のギャラリー「寺町美術館」      と思ったら路地の反対側では尺八
  いや~粋ですな~。               に興じている。


  喫茶店カヤバ 1
  谷中には「コーヒー乱歩」など名店揃いだが、昭和13年創業の喫茶店カヤバ
  で一休み。

  喫茶店カヤバ 3 喫茶店カヤバ 2
  ガラスがイナタイですな。中はこんな感じであります。先ほどの外人さん一行
  とはもう一度道ですれ違い、この店に入ってきた。さすがにむこうもわかった
  らしく、旦那と会釈しあう。「ショコラ、ショコラ」とフランスが飛び交うのだが、
  なかなかメニューが決まらないようだった。
  店内には何気にリッツカールトンにあるといわれる波動スピーカーが置かれていた。
  夕方になると鳴らすという。


  澤の屋
   「いせ辰」、「田邉文魁堂」、「芋甚」等々、定番が多いがやはりここだけは
   外せないと訪ねた「旅館 澤の屋」。アットホームな接客を求めた外人さんの
   リピーターが引きも切らず。谷中に外人さんが多いのもこの旅館があるから?
   もっとボロい印象があったが、リフォームしたのだろうか?
   敢えてこの旅館に連泊し「谷根千」を散策したら、また別の貌(かお)をのぞ
   かせるかもしれない。

                  (了)






スポンサーサイト

都市 | コメント:0 |
<<ハマコー死す | ホーム | 江戸三十三箇所 第二十三番 大円寺 (前編)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |