素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

逆風の朝鮮半島!?

  



   ご存知のようにサムソンが特許侵害でアップルに敗北した。
   損害賠償額10億5千ドル(約830億円)だが、今や日本の家電メーカーを凌駕する同社
  にしては屋台骨が揺らぐほどの金額ではないようだ。
   両者は各国で訴訟合戦しており、ドイツではアップル勝訴、英国ではアップル敗訴、日本
  では31日に地裁の判決が下される。アップル勝訴だとまた韓国が騒ぐのだろうな。
  
   日本よりはるかに貿易立国の韓国企業が絶好調だった一因としてウォン安は外せない。
   こればっかりは日本企業がいかに努力しても限度がある。  
   もう一つの要因として日本の技術者の韓国への流失も挙げられる。
   サムソンには約200人の日本人技術者がいるそうな。
   もっとも、中小企業が育たないかの国ではサムソン他一部の大企業だけが一人勝ちで、
  経済格差は日本よりも深刻なようだ。イケイケのようで脆弱な韓国経済に陰りが見え始
  めた頃、台風15号が朝鮮半島を襲う。
   まさに逆風の韓国。

   李 明博の竹島上陸、天皇謝罪要求もFTAでアメリカの植民地化が決定づけられてし
  まったことが遠因であることは間違いない。李大統領は「売国奴」と呼ばれ、普通は大統
  領退任してからが常の身内の汚職もフライング気味で発覚してしまい、どうにもこうにも
  追い詰められまさに「窮鼠猫をかむ」だ。(ほんとネズミ男のような顔しているからね)
   
   竹島に限らず尖閣問題も米国が背後にいることはよく指摘される。 
   沖縄返還の際、米国は日本に尖閣諸島の施政権は返還しても領有権は言及せず曖昧な
  ままだ。巷間喧伝されるように日中間に“ 火種 ”を残したわけだ。
   竹島に関しても、サンフランシスコ講和条約発効直前、竹島近海で日本の漁船が韓国に
  拿捕されても米国は黙認した。日韓国交正常化交渉が行われていた際も、旧日本陸軍士
  官学校出身の朴 正熙韓国大統領が「両国友好のため、あんな島など沈めてしまえ」と
  述べたというのに、結局、竹島問題は先送りされた。日本(自民)は絶好の問題解決の
  チャンスを逃した。戦後日本は、基本的に独自外交なぞ出来なかったことから、竹島も
  米国に日韓の“ 火種 ”として残されたと考えるのが妥当だろう。
   
   さて、今回の竹島問題ですが、韓国のネズミ男を追いこんで日本を挑発させ、日本国内
  の「中韓打つべし派」を選挙で勝たせるのが目的でしょう。
   ネズミ男は強気だが、サムソン等の輸出企業の今後、しいては韓国経済の行く末を鑑み
  るに果たしてどうだろうか?
   国連事務総長、世界銀行総裁と韓国系がポストを占める昨今、「もはや日本はかつてほ
  ど世界で影響を及ぼせない」とネズミ男がいきまく気持ちもわからんでもないが、どうも
  いよいよという時に「梯子はずされる」んじゃないのか!
   日本では報道されないが韓国では「反・米韓FTA」デモが収まらず、釜山貯蓄銀行の
  破産から金融機関の連鎖倒産がささやかれる昨今だ。 
   円ウォンスワップを10月以降見直す、いや「知らない」と言ったらヤバイんじゃない
  のか韓国経済は。

   調子いいようで危うい韓国。
   日本国内の「中韓打つべし派」を選挙で勝たせること、及び日本の対抗措置で
  韓国を経済破綻させて属国化を強化すること、これが今日の尖閣、竹島問題に
  おける米国の真意ではないろうか?


   そんな落ち目の韓国を尻目に北朝鮮は日本に接近しているように思う。 
   金 正日の料理人・藤本氏と金 正恩が抱擁している様をTVでPRしたりしてさ。
   日本と北朝鮮が接近することを韓国は当然嫌う。日朝国交正常化を邪魔してきたのは
  米国だけでなく、韓国も含まれるという。
   自国経済が火の車だったら、韓国はそんなことにかまっていられない。
   金 正恩がどれほど頭脳明晰かは知らんが、彼は今秋から韓国経済が窮地に陥ると
  読んでいるのではないか?だから、藤本氏と抱擁する様は日本のTVで放送するように
  仕向けたのでは?韓国が落ち目の時こそ日本と関係修復をはかるチャンスと考えている
  のでは?中国が後楯になっているようで、北朝鮮は金 日成の訓戒を忘れてはいまい。
  「中国を信用してはならない」という戒めを。
   北朝鮮だって、食糧難だから日本の援助を必要としている。
   中国だけでは当てにならないことから、ふんずり返っているようで日本と関係修復し
  たいと考えていると思う。軍部はともかく金 正恩はそう考えているのではないか。
   
   尖閣、竹島問題は当事者二国間の問題に矮小化してはいけない。
   繰り返すが、朝鮮半島(北朝鮮、韓国)は逆風なのだから、奴らが仕掛ける「子供
  のケンカ」にイチイチいきり立っていてもしょうがない。
   
   日本がとるべき態度は旧植民地に対する旧宗主国の矜持だと考える。
  
   







スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<マスゴミ交代22 「マスゴミ交代は関西から!?」 | ホーム | おんりーいえすたーでい Part Ⅳ 「ウォーク・ドント・ラン」 (後編)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |