素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

ブルームーン(早めの「防災の日」)



   
   「ブルームーン」――― 花の名前だったり、カクテルの名前だったりもするが、ここでは
  1ヶ月に2度満月がある時の2度目の満月のことをいう。
   8月31日はブルームーンにあたる。
   ブルームーンは縁起のよい現象とする一方で、奴らが大好きで何が起こるかな?

   31日というと米ワイオミング州ジャクソンホールで開催されるカンザスシティー連銀
  の年次シンポジウムでバーンナキFRB議長が講演するそうだが、例にによって「QE3
  やるやる」詐欺でしかない、いやそれすら匂わせないようだ。9月1日にはドラギECB
  総裁も同シンポジムに参加予定だったが取りやめになったそうだ。
   「LIBOR」も今のところ静かなものだし、この時期に大きな事象が起こる気配は
  ない。(以前述べた“ オリンピックの法則 ”どおりなら9月3日あたりがヤバイの
  で8月31日に何かあってもいいのだが・・・。ドラギがスケジュール先送りしている
  くらいなのですべて先送り?)

   経済事象は9月になってからと考えて自然現象はどうだろう。
   8月25日、十勝地方南部でM5.9震度5弱 、今日、宮城県沖M5.6 震度5強
  の地震があった。どちらも震源の深さ50km、60kmであることから自然ものであろう。
   ただ、十勝沖から三陸沖の間が震源となると大変なことになるのだが。
   北海道、東北よりどうも九州が気になる
 
    九州地方のデータが、激しく噴火・爆発・M6クラス直下型地震の可能性を示し、
    暴れまくっています。とにかく、異常状態です。(08/21 10:52発信)


                       ~ アキラの地震予報 ~

   さらに可能性が高いのだが低いのだかわからんが油断ならないのは北朝鮮の
  白頭山だ。

    東北大の谷口宏充名誉教授(火山学)は中国と北朝鮮の国境の白頭山
    (中国名・長白山、2750メートル)について、 東日本大震災の
    プレート運動の影響により20年以内に99%の確率で噴火する
    可能性があるとの研究結果をまとめた。
   
                     ~ 47ニュース ~


    因みに2019年までの白頭山爆発の可能性は68%だそうだから、やはり直近に
   限っても可能性は高いとみるべきか。
    白頭山は10世紀に世界最大級といわれる巨大噴火を起こし、噴出した火山灰は
   偏西風に乗って日本の北海道、東北地方にも降り注いだとか。
    中国では近くに赤松原子力発電所を建設中だそうです。
    まったく何を考えているやら。
    ここが狙われたらヤバイ!
    もっとも中国も白頭山の監視を強化しているそうだ。
    
   「防災の日」にはチト早かったが「ブルームーン」をきっかけに考えてみました。



   PS.南海トラフによる大地震(東海、東南海、南海)に関する昨今の報道は、

      結果として自民にエールを送るようなものだね。

      自民は大震災に備えて「国家強靭化基本法案」を掲げているのだから。





 
スポンサーサイト

精神世界 | コメント:0 |
<<これがブルームーン? いやまだ油断しちゃいけない! | ホーム | マスゴミ交代22 「マスゴミ交代は関西から!?」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |