素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

「維新だ!政界再編だ!」と叫ぶ前に学習しなきゃ! (後編)

   




   2050年ごろ、国民国家はゆっくりと融解し始める、これがジャック・アタリが描いた「21世
  紀の歴史」、いやアジェンダだ。
   それにしても、中国が日本、朝鮮半島に軍事侵攻することから、このような勢力地図にな
  るのでしょうか?
   各国が主権を失う、若しくは弱体化させることによって自滅へ至る過程で中国が
   潜り込んでくると考えるべきだろう。
 
   大きくいって次の2つの場合が考えられる。

    ① 経済的主権の喪失

    ② 行政的主権の喪失

   ① は、日本、韓国、北朝鮮が国家財政破綻によってIFMの管理下に置かれ、その後人民
  元が東アジア統一通貨となり、自国通貨発行権を失うことによって推進される。
   この場合、ユーロが崩壊しても別の通貨で欧州統一通貨、北米も統一通貨となっている
  ことが前提条件です。4~5年前、私はこのシナリオを危惧していた。朝鮮半島はどうなるか
  知らんが、今や日本がリアルデフォルトするとは思っていなことから、この目はないと考え
  ている。

   ② は、地域主権とTPPによって下地が作られると思う。
  橋下等地域主権者は、国会議員を外交、安全保障、司法等に限り、地方のことは地方がや
  ればいいと説く。財界や青年会議所は大喜び、拍手パチパチ。全くオメデタイというか、
  とことん国内閉鎖モデルで生きている人達だ。
   地域主権とTPP、特にISD条項が現実になったらどうなるのだろうか?
   ISD条項とは日本国政府の政策によって米国企業が不利益を蒙ったら外資が日本国政
  府を行政訴訟できるという条項であります。
   いくら売国奴が増えたとはいえ、官僚(経産省)は、これまで何とか「抵抗」してきた。
   地域主権で彼ら官僚がいなくなれば、もう誰も守ってくれない。
   各州の役人が何とかしてくれる?国(官僚)にすら出来ないことが一地方政府に出来るは
  ずないのだ。

   百歩、いや一万歩譲ってISD条項が発動しなくても外交とは逆説的なようだが自国をいか
  にまとめ切るかが礎となるものです。
   政府与党の外交族、外務省だけで外交しているわけではなく、農水省、国交省、金融庁、
  及びこれらに係る族議員、すなわち各業界の利益を代弁する議員の意向を受けつつ、彼ら
  と利害調整(根回し)して、外交に当たっているだろう。
   各業界の利益といっても地域主権となれば、各州ばらばらで足並みがそろわず調整困
  難、少しも国内をまとめ切れない。対外的にみれば非常に外交交渉しずらいし、相手国
  から日本をみればまともに相手にしないか、国は適当にあしらって肝心なことは各企業
  が各州に直接交渉するだろう。
   「外交」は国の専門家に委ね、地方は地方でやった方が効率的と考えるのは余程
  頭が“ お花畑 ”ではないか。

   前記安倍氏の「転向」でふれたようにそもそも自主外交できない現状なのに地域主権に
  したら外交が強化される道理がない。そのうえISD条項で外交をさらに弱体化させて
  どうするんだよ。万が一、TPPでISD条項を外すことに成功したとしても、地域
  主権下の外交ではやがて押しこまれることは目に見えている。

   毒ヘビ国家、中国、ロシアに睨まれ、アメリカの属国のまま地域主権やるなんて
  愚の骨頂だ。

   
   TPPに中国は加盟していないが、このようなさらに弱体化された外交では、米国に
  認めたことはやがて中国にも認めることになるだろう。
   かくして大企業と外資だけが大きく飛躍し、地方は蹂躪(じゅうりん)され続けるのだ。
   「地方の自立、活性化」という彼らの主張とは真逆の結果になると思われる。
   (州都となる都市は栄えるだろうが、地域主権といいながら州都に中央集権となる)

   弱体化した国内企業を次々と中国企業が買収し、人口減少社会日本としては「移民」と
  して中国人社員を受け入れざるを得なくなる。増え続ける移民はやがて地方参政権を手に
  入れる。(その前に法制化されているか)
   これに、地方自治体の破綻 ⇒ 民営化 ⇒ 外資(中国企業)の参入もつけ加えれば、
  前掲、「2050年の勢力地図」の世界に近づく。


   TPPに反対する議員はいても、地域主権(道州制)に正面切って反対する議員は
  ほとんど見当たらない。ほんとにかわらんのだろうか?
   いよいよとなるまで気づかんのか、困ったもんだ。

   あなたはまだ、TPP賛成!橋下マンセー!ですか?

                            (了)

 


 



スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<ロムニーは期待できるか? | ホーム | 「維新だ!政界再編だ!」と叫ぶ前に学習しなきゃ! (中編)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |