素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

マスゴミ交代23 こんなにわかりやすいことはない!?

   
   賛否両論、毀誉褒貶あるが、橋下 徹、若しくは「日本維新の会」(大阪維新の会)がメディ
  アを賑わせない日はない。
   (これも橋下の戦略でまんまと彼の術中に嵌っているのかもしれない。)

   何でもFNN(フジサンケイ)の世論調査によると、政党支持率は自民21.7%
  民主17.4%で第1位は、
   
    大阪維新の会 23.8%

   同様にテレ朝、日本テレビで調査すると大阪維新の会は、

    テレ朝       3.0%
  
   日本テレビ    1.7%


   因みに自民の支持率はそれぞれ、28.1%、23.2%だとか。
   調査方法、質問にもよるがケタが違うのでこれは誤差とは言えない。
   あまりにも違い過ぎる。
   FNNの世論調査結果をインタビューでふられた橋下氏はさすがにあきれたようだ。

    
    橋下 「だはっ、それは、おかしいですよ。産経新聞さん。
        ちょっとやりすぎです」

    記者 「な、なにが、ですか」

    橋下 「ちょっと意図的じゃないですか」


   フジサンケイ、やんぬるんかな!
   彼らは何が何でも橋下政権を作りたいようです。
   「週刊 現代」もこれでもかといわんくらい露骨に「橋下政権誕生」を後押ししている。
   もっとも、「週刊 現代」ほどストレートではないが小学館だって橋下政権待望の姿勢
  が伺える。

   実にわかりやすい作為だ。

   こんなにわかりやすいことはない。

   電通の命を受けて各メディア、「橋下劇場」のもぎりを買って出て呼び込みに必死だな。

   でも、橋下 徹にストップかけることは実はそんなにむずかしいことではない。
   簡単なことだ、TPPの真実をまともに報道すりゃいいだけのことだ。 
   ところがこれができない。財界、マスゴミこぞってTPP推進なのだから。
   念のために付言しておくが、私は将来を見据えた場合、グローバリズム、新自由主義を超
  える苛烈な資本主義の波は不可避だと考えている。だからといってワナみたいなTPPに突き進
  んでいくのはバカじゃないの?というしかない。
   TPPがまともに報道されなかったとしても知っている人は見れば「やはり」と思わせる報道
  もあります。橋下のブレーンの一人、高橋洋一氏が日本維新の会と国会議員の第1回“ お
  見合い ”でこんなことを言ってのけた。

   「私が郵政民営化をやっていた頃、欧米から次はTPPでいくと言われた。」

   この人、確信犯だったんだね。
   旧態依然とした財務省に切り込む論客のように言われて、それが故に謀略逮捕されたと思って
  いた。いやいや、「こんな奴、のさばらしておいちゃいけない」という意図だったかもしれん。
   
   TPPと共に不気味なほど誰も異を唱えない(少なくても表だって報道されない)のが地域
  主権(道州制)だ。不思議に思わないのがどうかしている。
   TPPと地域主権(道州制)が一緒になったら、どうなるか私は何度か述べてきた。
   これらのマイナス相乗効果に関するブログが増えてきた。
   (今回は割愛するが、そのうちふれようと思う。)
   
   橋下政権の政策にも有意義なものがないとは言わない。
   でも、TPP推進が党是である限り、かの新党がダメなことは論を待たない。
   それはわかりきったことなのだが、例によってマスゴミが「それいけ、ワッショイ」だけ
  伝えている。

   そんなマスゴミに嫌気がさした記者たちが、「日本維新の会」から国政へ打って出るべく
  参集しているという。

   オイオイ!一体どうなっているんだ! 
   
   何度でも念仏のように言うが、「マスゴミ交代」させない限り政治を変えても世の中よく
  ならないのであります。


  これもわかりきったことなのだけれどな。








スポンサーサイト

メディア | コメント:0 |
<<中国だってたいへんだ! | ホーム | 江戸三十三箇所 特別編 「そもそも仏教とは何ものか?」 後編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |