素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

大阪維新の会は何を急いでいるのか? 前編

   



   大阪維新の会が国政に打って出るのが既定路線となった。
   (今や日本維新の会だが、本稿では母体名で通させて頂く)
   今さらこんなこと言う人はほとんどいないだろうが、敢えてこういう愚直な疑問を投げかけ
  てみたい。

    大阪維新の会は何を急いでいるのか?

   本来、地域政党として出発した大阪維新の会は「関西州」を睨んだ「大阪都」を実現すべ
  く国政への進出を必要としたハズなのだが・・・。
   いつの間にか日本を変えることが党是のようになってしまったのだ。
   「維新八策」とやらを掲げて。

   私は外野で眺めているだけだが、大阪を良くしたいと維新の会に参集した府議、市議ら
  には 違和感を覚える人も多いと思う。
   実際、元首長たちや、清和会につながる人々、新自由主義者たち等グローバル主義の
  権化のような人々が一気に大阪維新の会に流れ込んできたことに、府議たちは「自分
  たちが日本国の破壊に加担させられようとしているのではないか」と警戒感を強めている
  のです。(これに関する動画があったのだが削除された。)
 
   今のところ、橋下 徹という男が強力な発信力を持ちグリッドが効く思われているこ
  とから、大阪維新の会と既存政党の“ 不埒で自堕落な共犯関係 ”が成立している。
   政界ばかりか、改革派官僚、知識人、(関西)財界、若い衆を中心に支持が広がって
  いる。

   ちょっと俯瞰(ふかん)してみるなら、橋下 徹(大阪維新の会)は、フジテレビや
  TBSを買収しようとしたホリエモン、三木谷に通じると思う。

   新興であるが勢いのある企業(地域政党)が組織力と実績はあるが旧態依然とした
  大企業(既存政党)を乗っ取り、飲みこもうとする構図だね。
   散々「マスゴミ批判」してきた私にには、ホリエモンが指摘するように今の放送局に
  は問題だらけであることはよくわかる。でも、ホリエモンがフジテレビの親会社の
  ニッポン放送を買収して何が起こったか私は忘れていない。深夜枠の映画の放送だった
  がCMだらけになってしまった。(録画してCMカットがたいへんだったからよく憶え
  いる。)つまり、ホリエモンは放送のコンテンツをどうこうするのではなく、既存の
  ネットワーク使って「商売」を拡大したかっただけだ。
   この構造は大阪維新の会と既存政党にも当てはまる。
   いやいや、そんなことはない?
   大阪維新の会には有能なブレーンがたくさんいるのですから、コンテンツ ⇒ 政策を
  実現できるのです。そうかもしれませんが、高橋洋一、竹中平蔵ら小泉内閣の推進メン
  バー、若しくはそれに類似する人ばかりじゃありませんか。
   新自由主義、グローバリズ主義者、何でも結構だが、要するに「商売」進めたいだけ
  でしょ、それ以外に何かあるんですか。だから、橋下 徹はホリエモンらに通じるの
  です。橋下は政治家なのだから企業家とは違う、有益な政策がいくつもあるじゃないか。
   そのように見えてもTPPを党是としているのですから正体はバレバレです。
   今さら言わずもがなだが、大阪維新の会がやろうとしていることは小泉改革の進化形
  なのです。

   何度も繰り返すが、「冷戦構造のまやかし」がわからず、資本主義の圧勝を信じて
  疑わない、“ 素朴な資本主義信仰者 ”である官僚、知識人、マスゴミ、企業家が
  ごまんとこの国にはいるということです。
   言うならば、「保守」の名を借りた商業保守です。

   小泉改革の進化形なぞ可愛いもんで、橋下(大阪維新の会)は日本の統治機能
  を変えると言って、あのような「維新八策」を出してきたのだから「ファシスト宣言」
  したも同然でしょう。


              (つづく)






スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<大阪維新の会は何を急いでいるのか? 後編 | ホーム | 中国だってたいへんだ!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |