素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

本屋が野菜売ってもいいじゃないか



   御存じのように今や本屋は本を売っているばかりではありません。
   昔から丸善はバーバリーのコートやハヤシライスを売っていたし、ビレッジバンガードは雑
  貨が主で本が従といった感じだね。

   千葉市中央区、千葉パルコ界隈の中島書店の場合、本と一緒に何を売っているかと
  言えば・・・・・・。


   中島書店 店内
   ご覧のように野菜なのであります。
   
    
   本屋でポテチやラーメンを売っているのはいくらでもあるが野菜とはいかにも千葉らしい?
   地元でいえば、昔は2軒あった八百屋は姿を消してセブンイレブンも退店した。
   日本国中、どこにもでもある商店街の衰退。
   あたしゃ、八百屋、魚屋など生鮮食料品はやりようによっては生き残る余地はあると思い
  ます。街の本屋だって厳しいといえば厳しい。普通、ビックカメラとユニクロというように
  イケテる同士のコラボが多いが、厳しい同士のコラボにも活路は見出せるのか?


  中島書店 ナナメ
   野菜の周りににはレシピ本、こどもの本など主婦が手にとるだろう本が置かれている。
   






スポンサーサイト

地域活動 | コメント:0 |
<<「橋下 徹 vs 週刊朝日 」  リローデッド | ホーム | 橋下 徹 VS 週刊朝日 後編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |