素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

「放射能は消せる」が当たり前の時代になる!!!



   日本に放射能を消せる技術があるとしても、小さなベンチャー企業では限界があるのでは
  ないか? 
   大手企業、正統?科学学会、官僚等々に無視若しくは潰されてしまうのではないか?
   踏み込んでいうなら、これを牛耳るイルミナ停の旦那衆が黙っているわけがない。
   結局、いくら技術があろうと日本で放射能除去が公式に予算つけられることはない?
   多くの人はそう思っているだろうし、私もそのように考えていた。
   ところが・・・・。

   阿修羅によると、

    中露独仏が偽ユダヤの妨害を振り切って放射能除去、空気中からの電気抽出、
    反重力応用に着手したようだが日本では東芝、日立、三菱が実験中のようである。



   フリーエネルギーをずっとフォローしてきた人には既知のことのようだが、ベルギーの
  ケッシュ財団がフリーエネルギーや反重力、放射能除去技術(第1段階)を世界各国に
  無償で提供する活動をしていたようだ。
   しかも、日本(日本大使館)は11月2日既にこれら3点セットのUSBを受け取った
  そうである。

    かねて、ベルギーのケッシュ財団が各国政府に無償提供を申し出ていた
    フリーエネルギー技術ですが、ついに 11/2  13:30 に
    SSP(Space Ship Program)を日本政府が受け取ったことが
    ケッシュ財団のサイトに紹介された模様です!

    いやぁ、よかったよかった!!


    いうまでもなく、米国は、この呼びかけを無視している様です。

    既に、フリーエネルギー技術を所有・実用化しているアメリカ政府は、
    これまで フリーエネルギー技術の研究自体を禁止する法律を制定している
    位ですから、何としてもフリーエネルギー技術が世界に知れ渡ることを阻止
    したかったのでしょうが。

               ~ 56歳からのモーグルチャンレンジ ~


   これは一体どうしたことだ。
   だから、前段の引用のように大手企業がフリーエネルギーについて研究に乗り
  出した?
   そういえば、ワールドフォーラムでも佐野先生が単極磁石による原子炉そのも
  の放射能低減について「巨大資本が検討している」とか何とか呟いたように記憶
  している。
   フリーエネルギーについては知られたことだし、反重力システムは既にナチス
  が開発済みだ。放射能除去については世間に知られてから日が浅い。
   放射能除去についてもはるか以前から既に開発済みで「封印」されていただけ
  なのだろう。
   
   いよいよ「放射能は消せる」が当たり前の時代がくる!?

    
   でも、90年代初頭の常温核融合を含むフリーエネルギーブームも結局、イルミ
  ナ停の旦那衆に叩きつぶされた。まだ、わからない。

                  (この件、「ベンさんの講演会」に続く)
    







 
スポンサーサイト

科学 | コメント:0 |
<<やはり、きゃりーぱみゅぱみゅ、当選! | ホーム | 河川、海の放射能はどうするのか?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |