素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

自民党版 「 日本国憲法改正草案 」 を読む。 前編

   
   政見放送が始まり、各党、各候補の街頭演説がさかんになってきた。
   今回の選挙、争点が多くて判断に窮すると言われる。
   もともと政治とは高度な判断、決断が求められるものであって、「ワンフレーズポリティック
  ス」で語られるものではない。

   原発、消費税、景気(デフレ脱却)、TPP、社会保障等々それぞれ争点は既存メディアに
  任せるとして、当ブログでは「隠れた争点」をさぐっていこうと思う。
   (因みに、野田はTPPを争点に掲げていたが、米国から「TPPは争点にするな」と注文が
    入り、TPPは隠された。)

   総選挙後の内閣がどのような枠組みになろうとも、自民党が第1党になることは間違いあ
  るまい。そこで、自民党版「日本国憲法改正草案」(以下、「自民版『 草案 』 」と省略)
  を読んでみよう。

   まずは論点となるのは第9条であろう。
   現行憲法は「第二章 戦争の放棄」となっているが、自民版「草案」では「第二章 安全
  保障」となっている。 
  
   第九条の二  我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、
             内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。


       
   内閣総理大臣が“ 元帥 ”だと強調したいのか、内閣総理大臣の職務でも念押しされて
  いる。 
   「戦争の放棄」を謳いながらも「自衛隊」が存在する矛盾を整合させたようで、どうもそ
  れほどすっきりしていない。
   第九条の前段では現行憲法同様、「戦争の放棄」を盛り込んでいるが、「前項の規定は
  自衛権の発動を妨げるものではない」としている。    
   「自衛権の発動」とは何かと言ったら実はあいまいだ。
   国権の発動があろうとなかろうと戦争は戦争だろう。
   そもそも「戦争」をどう捉えているか問うてみたい。
   いまや、「サイバーウォー」、「スペースウォー」、「地震兵器」、「気象兵器」、「食糧兵器」
  の時代だ。これらを仕掛けられた時、どうするのか?
   「自衛権」の発動で対処できるのか?
   せっかく、21世紀に憲法改正するなら、これら「ステルスウォー」にも踏み込んでもらい
  たいものだ。21世紀と言うと、次の「国防軍」なるフレーズもいかにも古色蒼然としている。
   伊福部昭の、すなわち怪獣映画のテーマソングが聞こえてきそうだ。
   シンプルに「自衛軍」とか「日本軍」でいいではないか。
      
   
   ここで注目しなければならないのは、現行憲法に謳われている「文民統制」だ。

    第六十六条 ② 内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。    
   
   自民版「草案」ではこのように改定されている。

    第六十六条 2 内閣総理大臣及び全ての国務大臣は、現役の軍人であって
             はならない。


   つまり、退役軍人は内閣総理大臣若しくは国務大臣になれるということだ。
   事実上、「文民統制 撤回」を排除しないということだ。「反対の反対は賛成なのだ」とバカ
  ボンのパパみたいでまだるっこしいことから、あっさり言ってしまえば、元軍人が入閣する可
  能性があるわけだ。入閣するだけでなく、元軍人が内閣総理大臣になれば「第九条の二」
  によって最高指揮官になるわけであって事実上の「軍事政権」となる得るのだ。

   どうも自衛隊のみならず公権力そのものの拡充を図っているようだ。   
   新設の「第9章 緊急事態」にそのあたりが如実に現れている。

     第九十九条   緊急事態の宣言が発せられたときは、法律の定めるところ
               により、 内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定す
               ることができるほか、内閣総理大臣は財政上必要な支出
               その他の処分を行い、地方自治体の長に対して必要な
               指示をすることができる。

         
                 
   基本的人権に最大限配慮するとしながらも、緊急事態には「国その他公の機関の指示に
  従わなければならいない」としている。
   「緊急事態の時は内閣総理大臣が全権を握る」とまでは言っていない。
   でも、政令がどういう内容になるかわからないことから、かなりの権限が内閣総理大臣
  に与えられる余地を残している。
   米国FEMAの国家非常事態宣言みたいだね。 
   オバマは新型インフル感染拡大の際、「国家緊急事態宣言」を発令したが、どうも新設の
  「第9章 緊急事態」は匂うのだ。

   結局、自民版「草案」は何を狙っているのだろうか?

                            (つづく) 







スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<自民党版 「 日本国憲法改正草案 」 を読む。 後編 | ホーム | トンネル山とミサイル川、はっけよい残った!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |