素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

ここまでは予定どおり、これから先は?

   



   今回の選挙、不正選挙だと言われています。
   投票率、現場での目撃証言等、その規模がどれくらいのものかは定かでないが、不正選
  挙の疑いが濃厚だ。
 
   では2009年の「政権交代」選挙の時は工作できなかったのだろうか?
   あまりに世論の盛り上がりが大きすぎてごまかしが効かなかった?
   いや、そもそも民主党に政権とらせて自民を弱体化させることは当初の計画どおりだった
  であろう。鳩山、小沢をマスゴミ、検察、及び松下未成熟系議員を使って失脚させる。
   もともと寄せ集めの政党だった民主党は核となる人物を失えば、松下未成熟系とか統治
  能力の欠如した連中ばかりであることから官僚(財務省)、米国、財界のいいなりになる
  のはわかりきったことだった。
   2009年の「政権交代」は、バブル絶頂の頃、三菱地所がロックフェラーセンター買収した
  ことやナチスドイツがロシアに侵攻したことに相似形だ。すなわち、最大、絶頂になれば後
  は弾けるだけ、崩壊するだけということであります。
   換言するなら、崩壊させるために相手をわざと絶頂まで許容する。
   つまり、奴らの両建て = (自虐的)二重人格的思考そのもの。

   民主党は分裂、弱体化させ自民、維新、みんなの党だけの政界にするための「政権
  交代」。いやはや何とも倒錯的な思考を持たないと事態は飲みこめない。
   この目的と共に今回の選挙の場合、「脱原発」を持ち出したことが大きかっただろう。
   米国というよりこれは原発ムラを始めとした国内勢力の意思が働いたとした方がいい。

   目先の景気は好転するかもしれないが、TPP参加、原発再稼働の後、“ 宴のあと ”の大
  増税が控えていることを考えると何とも憂鬱(ゆうつ)な気分になってくる。
   でも、これから先の「予定」も既に織り込まれていることを考えなくてはならない。 
   CIAによると、2025年、自民も分裂弱体化し少数政党乱立で、日本の政治が機
  能不全となるそうだ。これは彼らの予測となっているが、もちろんアジェンダ。

   比例区の自民党支持は伸び悩んでいるように、300議席近くとっても自民は盤石とは言
  えない。前回の安倍政権も郵政選挙に続く政権であったことから安定政権だったはずだ。
   それが1年で・・・・・・。

   今回の安倍政権も短命政権の終わるという識者もいる。  
   例えそうなったとしても自民は次から次へと政権をつくっていくだろう。
   最低、3年は「政権交代」はないと考えないといけない。
   3年以内に自民版「憲法改正」が行われるおそれがある。
   小泉 ⇒ 郵政民営化、野田 ⇒ 消費税増税という具合に安倍首相は何がなんでも憲法改
  正に突き進んでいくと考えられる。
   深読みすれば、そのため前回の安倍政権の崩壊だったのかもしれない。
   安倍ちゃんに汚辱を味わせ、復讐心に燃えさせるために。
   そのくらい平気で考える連中だよ。

   冒頭述べた不正選挙を提訴しようとする動きもあるようだが、なかなか難しいだろう。
   それより田原総一朗も述べているように「一票の格差」を考えたなら、公正だろう
  が、不正だろうが、憲法違反であることは間違いないことから今回の選挙も憲法
  違反だと提訴すればいい。その際に不正選挙についても調査すればいい。

   憲法違反なら、適切かちう迅速に処理して再選挙だ。
   それを契機に衆参ダブル選挙と言われていたが、ここまで自民が大勝するとその可能性
  は低い。

   TPP参加を表明する前に再選挙といきたいとこなのだが、難しいな。
 






スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<「 12.16 不正選挙 」は日本版 「 9.11 」 となり得るか? | ホーム | 総選挙の結果とこれから>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |