素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

氏神さまがお怒りだ!(適法な除染ならいいのか?)

   
   新年早々、手ぬき除染がやり玉にあがった。
   曰く、

   「取り除いた土や枝葉、洗浄に使った水の一部を現場周辺の川などに捨てる
    『手抜き除染』が横行している」

   「元請けゼネコンの現場監督が指示して投棄した例もある」
  
    これに対して政府は「除染適性化推進本部」を設けて徹底的な原因究明するとした。
   除染ビジネスの闇とかいわれるが、産廃の不法投棄に通じるのでしょうな。
   目に見えず投棄しても何とも思わないだろうことから、産廃より始末が悪い。
   
   そもそも適法に除染すれば、それで終わりか、OKなのか?
   「除染」というが放射性物質をAからBに移すだけのことであって、放射性物質
  そのものは消えない。


   以前も述べてように「水に流す」という言葉が私は大嫌いだ。
   確かに過去の遺恨を「水に流す」と言う場合、美徳となるがこの言葉は悪用されている傾
  きが強い。都合の悪いこと、解決策が見つからないこと、困難な事柄は「水に流して」忘却
  の彼方に追いやってしまう。
   除染も「放射性物質は水に流して忘れてしまいましょ」、そんな態度にもとれる。
   そんなことはない!?
   でも、「除染」とは放射性物質を移動させるだけで消えないじゃないですか。
   この点、田中康夫ちゃんも指摘している。

    
    昨年1月27日の衆議院本会議代表質問でも「京都大学、筑波大学、気象研究所
     の合同調査で、阿武隈川から太平洋に流れ出る放射性セシウム量は1日500億
     ベクレルにも上ると判明。『ニューヨーク・タイムズ』も福島の除染作業は
    日本最大・最悪の『有り難迷惑な公共事業・無用の長物』と批判。
    洗浄した水は何処へ行くのか?海に流れ込んだら水俣病を上回る惨劇」と警告
    を発しました。
              ~ 田中康夫 「にっぽん改国」 ~



   ここで紹介される「ニューヨーク・タイムズ」の記事は意味深だ。
   「トモダチ作戦」に参加した米軍が情報隠蔽(いんぺい)したため放射能による発ガンリス
  クが高まったとして東電を提訴したことは周知のことだろう。
   福島第一原発が海に流した放射性物資が環太平洋の国々に到達し、今年「この海洋汚
  染をどうしてくれるんだ」と(おそらく米国主導で)日本を訴えてくるとまことしやか
  に語られている。
   「水に流したい」のは日本人くらいで彼らのみならず中国人も韓国人も「水に流さな
  い」よね。

   安倍政権は主に経済的理由から、いけしゃあしゃあと原発再稼働、新規建設を推進す
  る気だ。東北の氏神さまはお怒りだろうよ。

   「もう1回、オオナマズ動かして大地震起こしたろうか!
    西洋風神が襲ってきても一切、関知しないぞ!
    お金を紙っぺらにするがいい!」


   除染では放射能は消えない。
   ではどうしたらいいのだろう?
   放射能を消すしかないんですよ。初めて当ブログにこられた方は承知しておられないか
  もしれないが、「やっぱり放射能は消せる」のです。
   土壌はについて放射能を消せるとしても河川、海では放射能を誰も「消していない」
  のではないか?
   やはりここは波動器具「こづち」、「みろく」を大量に作りテトラポットみたいに
  河川の両岸、河口付近の海底に設置して実験してみる価値はあると思うのです。


   波動器具「こづち」、「みろく」は共に実に「スピリチュアル」な存在だ。
   何でも「お告げ」によってつくられたという。
   福島原発事故当初、1500本あまりの燃料棒を沈めた4号機の燃料プールは奇跡的な
  偶然が重なって冷却可能となった。
   いわば「神風」が吹いたから、我々はこうして安穏として生きていられる。

   「お告げ」によって作られた波動器具「こづち」、「みろく」を宝の持ち腐れにするなら、
  今度は「神風」は吹かないのではないか?
 
 
   【参考記事】

     河川、海の放射能はどうするのか?



   こづち みろく
          波動器具「こづち」             波動器具「みろく」











スポンサーサイト

原発事故 | コメント:0 |
<<不正選挙!再選挙か? | ホーム | 風神さま動き出す!?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |