素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

不正選挙!再選挙か?

   



   すでにお聞きになられた方もおありだろうが、「不正選挙」について岩上安身氏がラジオで
  しゃべっている。(こちらで聞いてください 36分50秒あたりから51分くらいまで)

    〇 選挙無効の提訴は1月15日が締め切りで何者かによる提訴の動きがあること。

    〇 状況証拠は集積されていること。

    〇 立会人が「おかしい」と指摘しても制止されてしまったこと。
 
    〇 ムサシが自民に献金していること。

    〇 ムサシが2003年に受注した岐阜県可児市議選は疑義が指摘されること。
 
     (岩上氏は明言してないが、「選挙無効」の判決についてはこちら。

   等々、ネットでささやかれていることがAMラジオで放送された。


   でも、マスゴミも警察、検察も動かない可能性大であります。


   ところが、どうやらいわゆる「1票の格差」訴訟は今回も続々と提訴されているという。

   2003年の参議院選に関する「1票の格差」はご案内のように最高裁で違憲と
  判決が出ている。
   当然、今回も同様であって7つの高裁の支部20数ヶ所では「1票の格差」 訴訟に
  前向きだという。

   曰く、早ければ春先からGWあたりで最高裁がまた「違憲」と判決を出すかもしれない。

   そうすれば、区分けを変えて衆院戦「再選挙」、果ては衆参ダブル選挙も否定できない。
 
   最高裁が「違憲」と判断しているのに無視されてはメンツに関わる。
   昨今、司法にケチがついていることから、ここは失地回復を狙っているか。
 
   以前、「不正選挙」立証は難しくても「1票の格差」ならイケると私は述べたが、
  そうような展開になっていきそうなのだが・・・・・。

   何せこの「不正選挙」が武器を使わないクーデターならそうは問屋が卸さない。

   果たしてどうなることやら、今後の成り行きを見守りたい。  
 






スポンサーサイト

経済 | コメント:0 |
<<TPP導入後は映画 「 カイジ 」 の世界に通じる!? 前編 | ホーム | 氏神さまがお怒りだ!(適法な除染ならいいのか?)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |